魔法少女ストーリー:深月フェリシア(第3話「憎しみの記憶」) あらすじ・会話ログ・考察まとめ

マギアレコード(マギレコ) に登場する美国織莉子の魔法少女ストーリーのあらすじや会話ログ、考察をまとめています。原作との違いなども。

魔法少女ストーリーあらすじ

第3話 憎しみの記憶

思い通りにいかないことに苛立つフェリシアの前に、夏目かこが現れる。彼女はフェリシアにどこか危うさを感じていた。しかし、心配するかこの想いも、フェリシアはいつもの調子で撥ね退けてしまうのであった。

その場を立ち去ってしまったフェリシアであったが、さすがに言い過ぎたと反省すると、再び、竜城明日香、美凪ささらに会いに行き、もう一度、傭兵として雇って欲しいと懇願する。その真摯な態度に、明日香はフェリシアと契約することにし、ささらも渋々ながら明日香に同調することになる。

ななか達とのことを教訓に、今度は明日香、ささらに協調する姿勢を見せるフェリシア。それでも最後は暴走する様子を見せるも、結果的に2人を助ける形になって、見事に魔女を打ち倒すのであった―

その頃、夏目かこはキュゥべえから、フェリシアの過去について聞き出していた。

フェリシアは自分の悪戯のせいで火事を起こし、両親を巻き込んでしまっていた。そしてその時現れたキュゥべえに、「今起きたことを無かったことにして欲しい」と願い、契約したのだという。だが、キュゥべえによれば、混乱しながら願ったことで、それは別の形、「フェリシアの記憶を修正する」というもので実現し、フェリシアには両親は魔女に殺されたという記憶が残ることになったと―

キュゥべえから事情を聞いたかこは、そのことを自分の中に仕舞い込み、フェリシアに言えなかった「友人になってください」と言う言葉を、次に会ったときに伝える決意を固めるのであった

第1話 第2話 第3話

会話ログ一覧

第3話 憎しみの記憶

フェリシア だーもう!
だーもうだーもうだーもう!
なんなんだってんだよもう!
うがーぁぁぁぁぁ!
キュゥべえ 荒れているね
フェリシア これが荒れずにいられるかっての!
オレ、あのふたりにハメられたんだよ!
キュゥべえ 話を聞く分にはそうとも思えないが・・・
フェリシア そんなことない!
そんなことないないない!
キュゥべえ うがーぁぁぁぁぁ!
フェリシア あの・・・
キュゥべえ
・・・キミは
夏目かこ ど、どうも・・・
フェリシア ・・・ん?
あー!常盤ななかと一緒にいた奴!
夏目かこ 夏目かこです・・・
この前は、その・・・
フェリシア な、何しに来た!
夏目かこ い、いや、近くを通りかかったら聞いたことがある声がするから・・・
フェリシア なんで覚えてるんだよ・・・
夏目かこ ・・・私、フェリシアさんのこと心配で・・・
フェリシア 心配・・・・
夏目かこ なんていうか、フェリシアさん、その・・・
み、みんなと仲良くしてほしいなって!
・・・もっと一緒にいれば気持ちも分かりあえると思います
そのためにはケンカしないで、周りと仲良く・・・
フェリシア ・・・心配ってなんだよ!!
夏目かこ え・・・?
フェリシア お前みたいに弱っちそうな奴に心配される覚えはねー!
どうせ常盤ななかになんか言われて来たんだろう!
夏目かこ ち、違います!
私はただ・・・!
フェリシア うるせーな!
どっか行けよ!
夏目かこ そんな・・・
フェリシア お前がどっか行かないならオレが行ってやる、ちくしょー!
夏目かこ あ・・・
キュゥべえ ・・・・・・・・・

フェリシア ・・・・・・・・・
(くそっ・・・)
・・・・・・・・・
夏目かこ み、みんなと仲良くしてほしいなって!
----------フェリシアの回想
フェリシア ・・・・・・・・・・
(・・・悪い奴じゃなかった・・・)
(・・・ちょっと言い過ぎたかな)
・・・・・・・・・
・・・あーもう!
  ~数日後~
竜城明日香 どういうことですか?
球に現れて!
フェリシア いや、待てって!
美凪ささら まさか、私たちと戦うとか言うんじゃ・・・
竜城明日香 先日のことはあなたの一方的な・・・!
フェリシア 大丈夫!この前のことはもういい!
美凪ささら ・・・じゃあ、何の用なの?
フェリシア ・・・改めて雇ってほしいんだ
そのためにお前らを探していた
美凪ささら え!?
・・・いやいや、あなたとは・・・
フェリシア 迷惑はかけないから!
竜城明日香 ・・・どういう風の吹き回しですか?
フェリシア ・・・いや、まあ色々あって・・・
それに!傭兵の仕事しねーとメシにもありつけねーから!
美凪ささら ・・・と言われてもねぇ・・・
竜城明日香 ・・・分かりました
契約しましょう
フェリシア ホントか!?
美凪ささら 明日香!ちょっと、本気なの!?
竜城明日香 ・・・あなたの真剣な気持ち、伝わってきました
ここはその気持ち、汲み取りましょう
美凪ささら ・・・はぁ~
美凪ささら ・・・こうと思い込んだ時の明日香はひたすらに真っ直ぐだからね・・・
・・・りょーかい、私もいいよ
フェリシア やった-!
・・・えと、そ、その・・・
・・・ありがと・・・
美凪ささら ・・・ここら辺だね
竜城明日香 そのようですね
フェリシア よーし、じゃあオレがここら辺をしらみ潰しに・・・
竜城明日香 ここは単独行動はやめましょう
まだ敵の居場所も掴んでません
フェリシア でも!・・・あ!
・・・分かった・・・
竜城明日香 ・・・ささらさん
美凪ささら ・・・分かってる
敵が出たら私が防ぐから
竜城明日香 その時が仕掛ける機会です
いいですね?
フェリシア お、おう!
キュゥべえ ・・・ボクを探しているようだね
夏目かこ
夏目かこ はい・・・
あの・・・
効きたいことがあって・・・
キュゥべえ ・・・深月フェリシアのことかい?
夏目かこ ・・・お見通しですね
キュゥべえ この前のこともあったからね
夏目かこ 彼女の・・・フェリシアさんのこと
もっと知りたくて・・・
キュゥべえ 知る必要があるのかい?
どういう理由で?
夏目かこ ・・・なんだか感じるんです
彼女の心の危うさを・・・
キュゥべえ ・・・・・・・・・
夏目かこ 私、自分のことのように心が騒いじゃって
だから、フェリシアさんのことが!
キュゥべえ ・・・お互いの精神が感応している
・・・かもしれないね
夏目かこ ・・・感応?
キュゥべえ 共鳴といってもいい
とにかく、可能性がある
キミたちの「感情」がぶつかっている可能性が・・・
夏目かこ 感情が・・・
キュゥべえ 深月フェリシアのキミに対する反応もそのせいかもしれない
お互いがお互いの感情を揺さぶっている・・・
・・・かもしれない
あくまで可能性でしかないけど
でも、その可能性が新たな因果を結びつけることも・・・
夏目かこ ・・・私
あまりよく分からないですが・・・
キュゥべえ ・・・いいだろう。特別に教えるよ
深月フェリシアについて
夏目かこ え・・・ホントですか!
キュゥべえ 彼女の強い闘争心
そして激しい感情・・・
それは彼女の願いに起因している
夏目かこ 願いに・・・
美凪ささら うわっと!
・・・仕掛けてきた!
使い魔だ!
竜城明日香 そのようですね・・・
行きましょう、フェリシアさん!
フェリシア いよーし!
・・・行くぜ!
竜城明日香 ・・・ふぅ
使い魔は片づけたようですね
美凪ささら そうみたいだね
・・・となると・・・
フェリシア ・・・次は・・・
魔女!
魔女 ザリザリザリ・・・ザリザリ
竜城明日香
来ますよ!
魔女 ザリザリザリ◇▲☆◎□!
フェリシア うぉぉぉぉ!
キュゥべえ ・・・深月フェリシアは両親を失っている
夏目かこ ・・・・・・・・・
キュゥべえ ・・・彼女自身の過ちによってね
夏目かこ え・・・!?
キュゥべえ 母親が料理をしている時、火事が起きた
彼女のちょっとしたいたずらのせいでね
夏目かこ ・・・そ、それで・・・
キュゥべえ 火は住んでいたマンションに萌え広がっていった
夏目かこ ・・・もしかしてその時にキュゥべえさんが・・・
キュゥべえ ・・・彼女はその時こう願った
今起きたことを無かったことにして欲しい、と
夏目かこ じゃあ、すべて、元通りに・・・!
キュゥべえ いや、願いは別の形で叶えられた
「彼女の記憶を修正する」
という形で
夏目かこ 記憶の・・・修正・・・?
竜城明日香 ぐあっ!
美凪ささら 明日香!
竜城明日香 ・・・きゃあっ!
フェリシア あ・・・!だ、大丈夫か!
竜城明日香 な、なんとか・・・
美凪ささら こっちも・・・
でも、ヤバイかも・・・
魔力が・・・
竜城明日香 ・・・強いです、この魔女
魔女 ジャギギ◇◎▲◇☆ー!!
美凪ささら ヤバい・・・!
竜城明日香 くっ・・・!
・・・・・・・・・

フェリシアさん!
フェリシア ・・・手を出すな・・・
・・・魔女め!
美凪ささら 魔力の波動・・・
すごい・・・こんなに・・・!?
キュゥべえ あの火災の中で彼女は混乱したまま願った
それが祈りの行く先を変えてしまった
結果、彼女の記憶は修正され
「魔女が両親を殺した」とされた
夏目かこ そ、そんな・・・!
キュゥべえ 火事のあったマンションは何事もなかったかのように復元
周囲の住民には、彼女の両親は失踪したという記憶が刻まれた
だが、本当は魔女に殺された・・・という偽の真相を彼女は信じている
自分が原因であることを知らずにね・・・
夏目かこ ・・・ひどい・・・ひどすぎる・・・!
キュゥべえ どうしようもなかったんだ
結果は彼女の祈りがもたらした
夏目かこ で、でも!
キュゥべえ そして、深月フェリシアの心には・・・魔女への憎しみが植えつけられたしまったんだ
フェリシア 潰す!潰す!潰す!潰す!潰す!
魔女は一匹残らず・・・
オレが潰すんだぁぁぁぁ!
魔女 ズジャアァア☆●△▼◇ー!!!
竜城明日香 く、くっ!
美凪ささら 明日香!伏せて!
キュゥべえ ・・・これくらいでいいかい?
深月フェリシアの話は
夏目かこ ・・・もう十分です
キュゥべえ この話を知ってキミはどうするんだい?
夏目かこ ・・・・・・・・・
キュゥべえ 今は、何も・・・・ただ・・・
私の胸の中に押し込めておきます
夏目かこ それがいいと思うよ
キュゥべえ 失われた記憶を本人に言っても混乱するだけだしね
夏目かこ ・・・それと・・・
キュゥべえ それと?
竜城明日香 ・・・・・・・・・
はぁ~・・・助かりました・・・
美凪ささら ・・・守るのが仕事だからね・・・
で、あの子は?
竜城明日香 ・・・あそこに!
フェリシア ・・・・・・・・・
美凪ささら ちょっと、大丈夫!?
・・・嘘でしょ!?
竜城明日香 どうしたんですか!
まさか・・・!?
美凪ささら ・・・・・・・・・
寝てる・・・
竜城明日香 寝てる!?
フェリシア すぴ~・・・ZZZ・・・
美凪ささら ・・・はは!
なんだか・・・ね?
竜城明日香 ・・・ええ・・・参りましたね・・・
これは・・・
夏目かこ ・・・それと、言いそびれていたことを
次に会ったらちゃんと言います
「お友達になってくださいって・・・」
フェリシア 魔女なんて、オレが全部片付けてやる・・・ぜってーまけねーぞ!

考察

第3話 憎しみの記憶

魔法少女としての願いについて

自分の悪戯のせいでマンションを火事にしてしまい、その際に両親を失っている。フェリシアは「今起きたことを無かったことにして欲しい」と願っているが、キュゥべえによれば、混乱しながら願ったことで、「フェリシアの記憶を修正する」というもので実現し、フェリシアには両親は魔女に殺されたという記憶が残ることになっている。

意外なことかもしれないが、本編、外伝、スピンオフを含めて、これまで登場した魔法少女の願いの中に「特定の人物を生き返らせる」というものは存在しない。(2017年9月時点)

キュゥべえは「どんな願いでも」とは言うものの、人を生き返らせるほど、因果を捻じ曲げるという所業は、おおよそ並みの魔法少女の素質で叶えることは出来る訳もなく、今回のフェリシアのような結果となっているとも考えられる。(*叶えられる願いが、その魔法少女の素質に依存することは、鹿目まどかの例を見ても明らか)

第1話 第2話 第3話

UP
menu