魔法少女ストーリー:深月フェリシア (第1話:オレは傭兵) あらすじ・会話ログ・考察まとめ

マギアレコード(マギレコ) に登場する美国織莉子の魔法少女ストーリーのあらすじや会話ログ、考察をまとめています。原作との違いなども。

魔法少女ストーリーあらすじ

第1話 オレは傭兵

深月フェリシアは常盤ななか、志伸あきら、純美雨、夏目かこの4人と共に魔女と対峙していた。ななか達のチームとはこれが初めての共闘であったが、フェリシアは魔女を見るや、人が変わったように一人で立ち向かっていき、加勢しようとするする仲間たちのこともお構いなしに攻撃を繰り出していた。

結局一人で魔女を倒したフェリシアであったが、周囲と協調しない戦い方に、ななかはこれ以上一緒には戦えないと、フェリシアに別れを告げるのであった―。

第1話 第2話 第3話

会話ログ一覧

第1話 オレは傭兵

深月フェリシア うぉおおおおおおお!
そりゃぁぁぁ!
志伸あきら すごい・・・!
純美雨 ひとりで押してるヨ・・・
志伸あきら かなり強いよ!
あのフェリシアって子・・・
純美雨 ・・・こっち来るネ
魔女 ジャギギ▲◇◎☆ー!!
志伸あきら 動こう、美雨!
・・・いいよね、ななか
常盤ななか ・・・いいでしょう
では、あきらさん、美雨さんで
かこさんは私と後詰を
夏目かこ は、はい!
純美雨 じゃ、行くヨ
常盤ななか おふたり
・・・フェリシアさんを押さえてください
志伸あきら そうだよね・・・
あれはちょっと飛ばし過ぎだよ・・・
純美雨 承知したネ
志伸あきら よし、行こう!
夏目かこ ・・・あ、あの・・・
常盤ななか どうしました?
夏目かこ 変なこと言うようでアレなんですが・・・
常盤ななか ・・・お気になさらず
夏目かこ ・・・なんかちょっと
胸騒ぎがして・・・
常盤ななか ・・・ふふ、心配性ですね、かこさんは
夏目かこ す、すいません・・・
常盤ななか いいんですよ
自分の直感、大事にしてください
それに・・・今日の場合、私も同意見です
夏目かこ ええ!ななかさんも・・・
常盤ななか 押しているようですがあまり良い状況とは言えません
深月フェリシア・・・
傭兵の魔法少女・・・

魔女 ジャギギ◎◇▼☆☆ー!!
深月フェリシア オラぁ!
ガンガンガーンっと!
魔女 ズシャアァア▲◇◎☆☆ー!!!!
志伸あきら こっちからも
深月フェリシア あ!
志伸あきら はぁっ!
純美雨 繋げるネ・・・
ハイッ!
深月フェリシア おい!
志伸あきら さあ、一気に倒して・・・
深月フェリシア ちょっと待て、お前ら!
志伸あきら な、なんだよ!
深月フェリシア 邪魔すんな!
志伸あきら 邪魔ぁ?
一緒に戦っているだけで・・・
深月フェリシア オレひとりで十分なんだよ!余計な手出しすんな!
純美雨 こちらも戦場に来てるネ
だから戦う、当たり前
深月フェリシア んなの、かんけーねー!
オレひとりで十分なんだよ!
志伸あきら 十分って・・・!
純美雨 戦力は多い方がいい
これ、当たり前ネ
深月フェリシア オレが戦えば、オマエらは楽できんだろ!
悪い話じゃねーだろ!
純美雨 アナタひとりで倒せるか分からないネ
深月フェリシア はぁ?オレのこと舐めてんのか!?
志伸あきら 待った!攻撃、来るぞ!
魔女 ザリザリ・・・◇・・・☆・・・
深月フェリシア オレは、オレは・・・
魔女は一匹残らず潰すんだよぉ!
純美雨
あきら、離れるネ!!
志伸あきら うわ、やば・・・!
深月フェリシア 食らえぇぇぇ!
だぁぁぁぁぁ!
常盤ななか ・・・・・・・・・
で、結局のところはどうでしたの?
純美雨 魔女の攻撃、来たネ
あきら、魔女の方向向いて構えたヨ
そうしたら、フェリシア
あきらの後ろから・・・
志伸あきら ボクのことお構いなしに攻撃してきて!
ドッカーンって周りを吹き飛ばす強烈な一撃でさ!
深月フェリシア ・・・・・・・・・
夏目かこ それであきらさんが巻き込まれたんですね・・・
志伸あきら まあ、かすり傷で済んだけど
一瞬気づくのが遅れたら・・・
美雨のおかげだよ
助かったよ
純美雨 仲間守る
当然のことネ
深月フェリシア ・・・・・・・・・
常盤ななか ・・・なにか反論は?
深月フェリシア ・・・いや、悪かったよ!
ちょっとカッとなって・・・
まあ、ああなると頭に血が上ってさ・・・
常盤ななか それで味方ごと?
深月フェリシア ・・・・・・・・・
志伸あきら 巻き込まれる方の身にもなってみてよ・・・もう・・・
純美雨 それにしても巻き込まれ体質ネ、あきらは
志伸あきら う・・・
(反論できない・・・)
深月フェリシア ・・・でも、魔女は倒した!だろ?だろ?
常盤ななか ・・・それは事実ですね
深月フェリシア 決めたのはオレの攻撃!だろ?だろ?
常盤ななか ・・・それも事実です
深月フェリシア ほーら!
どーよ!
志伸あきら それとこれとは別の話だから!
純美雨 そうネ
深月フェリシア ・・・うぐぐ・・・
夏目かこ フェリシアさん
どうしてそんなに魔女を・・・
深月フェリシア ・・・魔女を倒すのが魔法少女の使命なんだろ
夏目かこ でも、あなたの場合、それだけではないような・・・
常盤ななか ・・・ま、いいでしょう
深月フェリシア ホ、ホントか?
じゅあこれで今日の所は・・・
常盤ななか お別れです
深月フェリシア よし、解散!
常盤ななか いえ、あなただけです
深月フェリシア ・・・あ?
常盤ななか 深月フェリシアさん
あなたと一緒に戦うのはこれで終わりにします
常盤ななか あなたと一緒に戦うのはこれで終わりにします
深月フェリシア はぁ~!?ちょっと待てよ!
魔女は倒しただろー!?
常盤ななか それだけではダメです
深月フェリシア 何でだよ!
何でダメなんだよ!
常盤ななか 勝ちには勝ちました
でも、状況はどうですか?
常盤ななか チームとしてはまったく機能していませんでした
それどころか、仲間まで危険な目に・・・
深月フェリシア ぐっ・・・
常盤ななか あなたは強い
それは認めます
でも、私たちとは合わない
・・・皆さん、異論はありますが?
志伸あきら ・・・・・・・・・
純美雨 仲間のこと考えられない
話にならないネ
夏目かこ ・・・あの・・・私は・・・
深月フェリシア ・・・いーよいーよ!
夏目かこ え・・・?
深月フェリシア この一回の戦いだけでサヨナラってことだろ?
だったらそれでもいいよ・・・
常盤ななか ごめんなさい
そういうことになります
深月フェリシア ・・・上等だよ!
後悔するなよ!
もう一緒に戦ってやらねーからな!
強い魔女が現れてから後悔したってしらねーからな!
常盤ななか ・・・その時はまたその時、ですね
深月フェリシア やーだよー!
こっちから願い下げさよー!
ふーん!
常盤ななか まあ、随分ご機嫌を損ねてしまったみたいですね
深月フェリシア うるせー!
バーカバーカ!
志伸あきら ・・・行っちゃった
純美雨 人生足別離、ネ
夏目かこ ・・・ななかさん
私、なんだか彼女、心配です・・・
常盤ななか そうですね・・・危なっかしくて心配なのは確かです・・・
でも、一緒に戦えば危険を呼び込むのも確か・・・
今のフェリシアさんとは組めない
・・・それが結論です
夏目かこ そう・・・ですか・・・
ですよね・・・
(フェリシアさん・・・)
深月フェリシア 「ななかって奴!最初に会った時から合わないと思ってたんだよ!」

考察

第1話 オレは傭兵

考察は第3話部分を参照

第1話 第2話 第3話

UP
menu