ミラーズ攻略理論:最新版

ミラーズ攻略と対策 マギアレコード(マギレコ) 、唯一の対人要素であるミラーズの攻略情報を解説しています。理想的なパーティ編成や魔法陣形の選択、メモリアについても解説していきます。

まずミラーズについて大事なこと

第2章クリア後にプレイ可能。

こちらは第2章をクリアするまでプレイできません。

素材集め、特にレインボーオーブとの交換が重要

マギアレコードでは☆4キャラが覚醒するためには、レベルを80まで上げることと、6つの素材を使用して「覚醒」を行う必要があります。この時、☆4キャラが必ず必須になるのが「レインボーオーブ」。日替わりで開催される曜日ダンジョンの上級~超級にてドロップすることもありますが・・・

<@> まずドロップ率がかなり低いのです。ドロップ率は良くて10%程度。もしかすると1%程度ということもあり得るくらいになかなか落としてくれません。さらに1周あたり超級の場合ではAPが30必要・・・と、できるだけ石を節約したいと考えている方にとっては非常に厳しいものがあります。なお、このレインボーオーブ、☆4→☆5の覚醒には3つ必要になります。


一方、ミラーズの場合、勝利した場合に3枚、敗北した場合に1枚のミラーズコインを入手でき、2017年8月現在では150枚でレインボーオーブ1個と交換が可能です。つまり負けなしなら150戦で必要数が集まる計算になります。

また、ミラーズで消費するBPは、通常のスタミナであるAPとは別物なので、他のダンジョンの周回にも影響が出ません。

ということで、覚醒ダンジョンとミラーズを実際には併用する形にはなりますが、覚醒させるために周回する場所という認識でも問題ないくらいに重要なダンジョンになっています。

また、コイン10枚で、ゲーム内通貨であるCCが100,000 CC()と交換ができるため、レベリングなどで急にCCが足りなくなったときにも役立ちます。


現在は第11階層、1000ptまで解放可能

階層は順次解放されていきますが、現在は第11階層、1000ptまでとなっています。50勝くらいすれば到達できます。

ミラーズ攻略の重要点

対人要素といっても相手はCPU

ミラーズは他のプレイヤーと戦えるという要素ではありますが、あくまで相手側は事前に編成したパーティをCPUが動かすだけです。これはどういうことかと言えば、最適な行動パターンを必ずしもとることではないということ。

プレイヤー側はかならず先攻

プレイヤー側がかならず先攻になっています。戦闘システム上、先攻であるだけであまりにも有利であり、よほどのことが無ければ同程度のレベル同士のパーティであればまず負けることはありません。(実際、管理人の場合、11階層到達までに負けたのは操作ミスと、適当な編成を試したのを含めても3回でした)

対戦相手は3人から選べる

当然ですが、3人から選ぶ形になるので、戦いやすい相手も見つけやすいでしょう。腕試しということでしたらまた話は別ですが、わざわざ強い相手や苦戦しそうな相手と戦う必要はありません

とはいえ、レベル差がものを言うのもまた事実

いくら先攻有利、相手がCPUだからといっても、戦略以上にやはりステータスが重要になってしまいます。後述しますが、パーティ編成は2人程度で十分なので、周回を考慮する場合はできるだけはやめにレベルをカンストさせておくことをお勧めします。上述の通り、レベル差がなければ、ほぼ先攻が勝てます。

同レベル程度のキャラなら1~2ターンで倒せる

よほどレベル差がある場合は別ですが、例えばレベル80のまどか同士であればおおむね2ターンで倒すことができます。つまり先攻であればこちらはHPを半分程度は残した上で相手の主力を潰すことができるということになります。

パーティ編成と戦い方

パーティ編成は2人がおすすめ。

1人~5人まで、いくつかのパターンで編成を試しましたが、現環境においては2人編成での勝率が非常に高い傾向にあります。、

その理由は次の通りです。
・先攻の有利を活かし、相手の主力を倒し切りたい
  → そのためには火力の出せるPuella Comboを使用したい
  → 2人であれば確実に発動できる

ダメージが大幅に上昇するPuella Comboは、同キャラ3枚のディスクを選択すると発動。2人編成であれば、どちらかのキャラに3枚以上が確定します。

基本的な戦い方:2対1~2

先攻であればまず負けません。コンボを使用し、相手の主要キャラを先に倒してしまいましょう。

基本的な戦い方:2対3~5

主力をメインで削りつつ、バランスよく削っていきます。相手の数が減ってしまうと、相手からもコンボを決められる可能性がありますが、人数が多ければ攻撃もバラけやすく、大した問題にはなりません。

UP
menu