トップページ イベント ストーリー リセマラ
ランキング
2chまとめ キャラ一覧 初心者向け
攻略情報
まどマギ
関連作品
攻略メニュー 攻略掲示板
雑談掲示板
フレンド板

【マギレコ攻略】偽街の子供達 (にせまちのこどもたち) 攻略と対策【マギアレコード】

【マギレコ攻略】偽街の子供達 (にせまちのこどもたち) 攻略と対策【マギアレコード】
マギアレコード(マギレコ)に登場する「偽街の子供達 (にせまちのこどもたち) 攻略to」の攻略記事です。行動パターンやその特徴などについてもまとめています。攻略や周回などの参考にどうぞ!

魔女の概要

プロフィール

偽街の子供達。その役割は泣き屋。葬列を盛り上げるために、涙の芝居をする着せ替え人形。やって来た人形どもはイバリ、ネクラ、ウソツキ、レイケツ、ワガママ、ワルクチ、ノロマ、ヤキモチ、マヌケ、ミエ、オクビョウ、マヌケ、ヒガミ、ガンコ、最後のアイはまだ来ない。
「色から生まれ空にはあらず、此岸の淵こそ我らが舞台」
そのちからは魔法少女にも劣らない

偽街の子供達(にせまちのこどもたち)とは、劇場版[新編]叛逆の物語に登場するキャラクター。その正体は、魔女化した暁美ほむら(Homulilly) の使い魔であり、真の名はClaradolls (クララドールズ)。偽街の子供達という名称の方が一般的に認知度は高い。基本は14人の子供達+いまだ姿を現さないアイの計15体で構成される。

偽街の子供達は魔女の手下ではあるが、どちらかといえば、偽街(ほむらの魔女空間)で起こる「現象」に近い存在であり、ほむらからあふれた魔力と因果の権化である。子供達の性格や動きはおおむねその名前が反映されており、ほむらがかつて子供の頃に遊んでいた着せ替え人形たちがモチーフとなっている。ほむらにより、世界が再改変された後も、人形たちは勝手気ままに遊びまわっている。

本編での描写は無いものの、イバリ・ネクラ、ヤキモチ・マヌケ、ミエ・オクビョウはほとんど一緒にいることが多く、子供達は全員仲が良い。

口元はいつもデキソコナイを笑う。その後さらに悪魔まで現れ、大ウケ。子供たちは一流の喜劇役者として悪魔を認める。

ラテン文字表記 Claradolls
カナ表記 クララドールズ
登場話数 [新編]叛逆の物語
性質/役割 泣き屋
備考 全14人+1人

初期イメージ

劇団イヌカレーによれば、元々は同じ髪型・同じ服装の14人にするかどうかをギリギリまで考慮しており、それは劇場公開2か月前にようやく決断ができたという。最終的に14体全員が全て違う髪型、服装、身長になったため、作業量が一気に増加したという経緯がある。

外見的特徴

顔は全て同じ顔で、服装や体格には個体差がある。デザインとして、異性受けがあまり良くない可愛い副を意識したとのこと。

偽街の子供達にとっての円環

魔女はともかく、手下たちにとっては生まれる前に即成仏してしまうため、円環の存在はを非常に迷惑に思っている。偽街の子供達はマドカのことは好きだが、円環はイマイチ。悪魔はまあまあ好き。マヌケだけはみんあ好き。

偽街の子供達一覧

1.イバリ

イバリ はじめに来たのはイバリ。
地面に転がるデキソコナイの頭を踏み越え、勇ましくその声を代弁する。
「こうまんちきども。うゆるすものか。この感情は、わたしらだけのもの」

短パンのパンツルックが特徴。一番作りやすく製作者側に一番優しいデザインとのこと。

2.ネクラ

ネクラ 2番目はネクラ。
コソコソと歩み出て、デキソコナイをあざ笑う。
「このデキソコナイは。まるでみっともない」
この人形どもは、自由だけを師事し欲望に忠実。

3.ウソツキ

ウソツキ 次は3人目のウソツキ。
デキソコナイの魂へ捧げる涙の芝居。
「哀れなデキソコナイ様。愚かなその魂は、我等が誇り」
この人形どもは、愚か者を嘲笑し愚か者を味方する。

4.レイケツ

レイケツ その後ろからは4人目、レイケツ。
デキソコナイの頭につまづいてちょっと不機嫌。
「デキソコナイ様をもっと持ち運びやすくするためにちいさく切り分けてしまうのうはドウカシラ?」この人形どもは、悪魔の言葉であれば素直に従う。

5.ワガママ

ワガママ さらに5番目、ワガママは怒りながら歩く。
「葬列はまだなの?わたしいっとうはやく泣けるよう練習したのよ?もうちょっとも待てないわ」とブリブリ。この人形どもは、誰かであって誰でもない。

6.ワルクチ


面倒そうに出てくるのが6人目、ワルクツ。
憎まれ口は相変わらず。
「デキソコナイ様は、たいへんな喜劇役者であられますワ」
この人形どもは、絡まり極まる因果のママゴト。

7.ノロマ


ようやく到着した7人目、ノロマ。
無口な人形はその瞼で魔女を笑う。
この人形どもは、生意気な平田とは違い、魔女の願いもそこそこは聞き入れる。

8.ヤキモチ


8番目に見えるはヤキモチ。
うっとりと空を見る。
「箱を用意しましょう。あの輝きをずっと閉じ込めておきたいワ」
この人形どもは、色の集合。空にはあらず。

9.ナマケ


9人目のナマケはあくび混じりにしゃべる。
「お遊戯の手伝いまでしなきゃいけないの?編み物なんてめんどり面倒」
邪魔に転がるデキソコナイの頭をひと蹴り。
この人形どもは、葬儀がちっとも始まらないので、暇を持て余し街を徘徊する。

10.ミエ


10番目に走ってきたのはミエ
デキソコナイの頭を大げさに避けて一言
「べとべとした血でケープを汚されてはたまわらないワ」
この人形どもは、魔女の自傷を馬鹿にする。

11.オクビョウ


11番目、振るえているのはオクビョウ
「お空へ連れて行かれては、うさぎの首も刎ねられない」
この人形どもは、魔法というちからで完全な回帰を実現する。

12.マヌケ


ふらふら歩いてきた12人目、マヌケ。
さっき鳥から聞いたことをわざわざみんなに話して回る。
「女神様のお話を聞いたの。美しく輝く女神様よ。女神様はきっと私たちのことも愛してくださるワ」
この人形どもは、手が届くものだけを欲しがる。

13.ヒガミ


13番目の足音はヒガミ。
「いつかお話しで聞いたみたく素敵な葬列にしましょう。
きれいな娘もかわいい動物も一緒にたくさん埋めましょう」
この人形どもは、魔法少女にも劣らぬちからを持つ。

14.ガンコ

そして14人目、ガンコ。
地を指し空を拒絶する。
「此岸の淵こそ我等の舞台」


さあ泣き屋達は集まりました。
ずいぶん遅くなったけれども大丈夫。
まだ夜は終わらない。もう夜は終わらせない。

いまはずっと
あの輝きを知るより前 あの輝きを失うより前
ここはただの前夜祭。デキソコナウより前の夜。
あとは葬列を待つばかり。

ナウナウ 純白妙善たる女神様。コレコレは今更のこのこウヤウヤお越し来られて感銘至極。けれど どうにも ちっとばかし見逃しおいちゃくれまいか?ここへ並ぶは此岸の劇団。我らこそ我ら人ならむ 哀しみ怨みこわしても 絶望するが人ならむ。 劇場は骨を駆り 憂鬱だけが臓腑を洗う。とにもかく 代わりにそちらへ向く者も なんならたくさんこさえましょ。それで勘弁頂けまいか?

あたなに足りないものはなにカシラ?
わたしはイバってばかり たまには得意げになれば良い
わたしはネクラで 無理に笑っても疲れてしまう
わたしはウソツキ 本当のことがいつも正しいの?
わたしはレイケツ やさし過ぎるのも考えもの
わたしはワガママ 自身の気持ちは大切に
わたしはワルクチ あなたはすぐ感情を閉じ込める
わたしはノロマ 急ぎすぎないことも
わたしはヤキモチばかり アイには必要
わたしはナマケもの 休憩しないとバターになるワ
わたしはミエっぱり 誰かのために背伸びもして
わたしはオクビョウ でも用心深く
わたしはマヌケ それでいて愛嬌も忘れずに
わたしはヒガんでばかり 満ち足りない現実を変えましょう
わたしはガンコ 大切なことだけを忘れないで。
この悪癖共はアイの味方

攻略情報 (ステータスや行動パターンなど)

マギアレコードにおける登場場面

*配信後に追記を予定

行動パターン

   
   
   
   
   
   

攻略情報






UP
menu