[魔女攻略] ワルプルギスの夜の手下 攻略

マギアレコード(マギレコ)に登場する「ワルプルギスの夜の手下」の攻略記事です。行動パターンやその特徴などについてもまとめています。攻略や周回などの参考にどうぞ!

魔女の概要

プロフィール

舞台装置の魔女の手下。その役割は道化役者。 強大な魔力に引かれ集まった無数の魂。ワルプルギスの夜自身が元々一人の誰かであったのか、 或いは 多くの魂が集合することにより生まれた幻であるのか、今となっては分からない。

ラテン文字表記 ????
カナ表記 ????
登場話数 第10,11,12話
性質/役割 道化役者
備考 ポータブル(PSP版)での表記:
舞台装置の少女劇団・シモテ、ソデ、カミテ



影絵の魔法少女。ワルプルギスの少女劇団の劇団員という設定であり、巨大な魔力に引かれて集まった無数の魂である。

ワルプルギスの夜の詳細はこちら


本編における登場シーンおよび役割

主に第11話にて登場。ワルプルギスの夜へ向かっていくほむらを邪魔するように立ち塞がるような描写があるが、ほむらが簡単に薙ぎ払っているため、具体的な攻撃方法は不明。

外見的特徴

アニメ版では3頭身ほどの可愛らしいシルエットで登場しているが、公式コミカライズ版においては、さやかや杏子、マミのシルエットをした使い魔が現れ、ほむらと戦っている。

戦闘スタイル

捕まえた相手の体を石のように重たくするという能力があるが、本編で描かれてはいない。


備考



その他の使い魔

ワルプルギスの夜から連結された万国旗が付けられ、サーカスのように着飾った象達。戦闘要員というわけではなく、パレードのようにワルプルギスの夜を先導している。


体長20cm程度の小さな使い魔「アカハナ」。登場直後、象の使い魔に踏みつぶされている。


象のパレードにいる使い魔「アオハナ」。アルパカのような姿をしている。ほむらの身長と比較すれば体長2m程度。


攻略情報 (ステータスや行動パターンなど)

マギアレコードにおける登場場面

*配信後に追記を予定

行動パターン

   
   
   
   
   
   

攻略情報






UP
menu