[キャラクター詳細] メリッサ・ド・ヴィニョル ステータスや評価など

マギアレコード(マギレコ)に登場する「メリッサ・ド・ヴィニョル」のキャラクター詳細です。ステータスやプロフィール、マギア(スキル)などの詳細から、キャラクターストーリーの攻略までまとめています。育成や編成の参考にしてください。ネタバレを多く含みますので閲覧にはご注意下さい。

登場作品リスト
魔法少女たると☆マギカ 全5巻
魔法少女たると☆マギカ登場キャラクター
タルト リズ
メリッサ エリザ
ペレネル コルボー
ミヌゥ ラピヌ
フレシュ ラム
イザボー キューブ


メリッサ・ド・ヴィニョルのプロフィール

概要

外伝作品である魔法少女たると☆マギカに登場する魔法少女。シャルル王太子(のちのシャルル7世王)のお抱えの傭兵であるエティエンヌ (通称ラ・イル)の一人娘。宮廷で給仕についたり、従軍して父の戦闘の後方支援などを行っていたが、ある時タルトたちの従者となり、オルレアン解放作戦へ同行する。年が近いこともあり、すぐタルトたちと打ち解け友人となるが、後の戦いで父とタルトが敵から瀕死のダメージを受けてしまった際、そこに現れたキューブに、父とタルトを救うことを願って魔法少女となる。武器はランスと、そこから結ばれた槌(ポールウェポン)。物質を消し去る消滅魔法を使用する。


魔法少女たると☆マギカ あらすじまとめ


魔法少女としての願い

魔法少女としての願いは、「タルトと父親の致命傷を消し去る」。コルボーとの戦いで瀕死のダメージを受けた父とタルトを救うべく、魔法少女となった。

戦闘スタイル

巨大なポールウェポンを軽々と振り回して攻撃する。また、「タルトと父親の致命傷を消し去る」という願いが背景となり、回復能力ではなく攻撃の手段として、物資を消滅させる魔法を使用することができる。

一撃必殺とも言える技ではあるが、大振りになりやすく、当てるのが難しいため、仲間との連携が重要になる。


年齢

年齢に関する正確な描写は無いが、タルトは「年齢も近そうですし」と話していることから、さほどタルトと年齢は変わらない模様。なお史実をもとにすれば、17歳~19歳の頃の約2年間を主に描いている。


性格

性格はおっとりとした優しい性格ではあるが、「憤怒(ラ・イル)」の異名を持つ父親の遺伝子はしっかりと受け継がれており、タルトがエリザに茶化された際には、怒りに身を任せてエリザを遠方まで放り投げてしまうほど。父も、怒らせると手が付けられないと語っている。


プロフィール

名前 メリッサ 身長
誕生日 体重
年齢

不明

血液型
武器 ポールウェポン
魔法 消滅魔法
願い 、「タルトと父親の致命傷を消し去る」
CV
作品 [新約]魔法少女たると☆マギカ

マギアレコード プロフィール
*実装後に追記を予定。

エピソード一覧

エピソードLv.1



>> エピソードLv.1の詳細攻略はこちら

エピソードLv.2



>> エピソードLv.2の詳細攻略はこちら

エピソードLv.3



>> エピソードLv.3の詳細攻略はこちら

エピソードLv.4



>> エピソードLv.4の詳細攻略はこちら

エピソードLv.5



>> エピソードLv.5の詳細攻略はこちら


キャラクター概要と評価

配信前のため、まどマギポータブルやまどマギオンラインで実装されたデータを参考として掲載しています。データは配信後に修正・追記を行います。

評価

基礎ステータスの高い近接タイプのオールラウンダー  


ステータスとスキル一覧

ステータス

  Lv HP MP STR CON VIT DEX 潜在 因果
初期値                  
最大値                  
STR…力 / CON…体力 / VIT…生命力 / DEX…器用さ
>> 情報提供は掲示板までお願いします

ステータスについて  
基礎ステータスは同レアリティのキャラクターと比べても多少低めに設定されている。強化ポイントを多く割り振って上昇させたいところ。


スキル一覧

横にスクロールしてください。
  名称 威力 MP 属性 効果
格闘          
         
         
         
         
         
         
         
         
射撃          
         
         

おすすめのスキル  


メモリア装備

キャラクターの専用装備を掲載しています。
配信前のため、まどマギポータブルやまどマギオンラインで実装されたデータを参考として掲載しています。データは配信後に修正・追記を行います。

       
       




UP
menu