【マギレコ攻略】ジュゥべえのステータス・評価・入手方法【マギアレコード】

マギアレコード(マギレコ)に登場する「ジュゥべえ」のキャラクター詳細です。ステータスやプロフィール、マギア(スキル)などの詳細から、キャラクターストーリーの攻略までまとめています。育成や編成の参考にしてください。ネタバレを含むので閲覧にはご注意ください。


ジュゥべえのプロフィール

概要

スピンオフ作品である魔法少女かずみ☆マギカに登場。あすなろ市の魔法少女たちからは「妖精」と呼ばれていた存在。しかしその正体は、キュゥべえの死体をもとに神那ニコによって作られたジェムの浄化装置である。(詳細は後述) なお、キュゥべえはその文字入力のしづらさからQBと略されることがあるが、ジュゥべえの場合はそれにならってJBと表記されることがある。

特徴

キュゥべえと同じく猫のような容姿であるが、身体全体は黒を基調としており、キュゥべえは耳から触手が生えているのに対し、ジュゥべえは首元から伸びている。また、グリーフシードを取り込む口が背中ではなく額についているなどの違いがある。

一人称は「おいら」で、「わかってらい」「~だぜ」など軽めのべらんめえ口調 (江戸言葉) で話す。ニコに作られたこともあり、ニコと行動を共にする描写が多い。

ジュゥべえの役割

・魔法少女の契約を行う
・ソウルジェムを浄化する
・グリーフシードの処理
主な役割は上記の3つとなるが、後述するとおり、ジュゥべえ自身が魔法少女を契約してはおらず、それらの場面は、キュゥべえに関する記憶をすべてジュゥべえに置き換えられたことによる。

名前の由来

従属するインキュベーターを略してジュゥべえと神那ニコによって名付けられた。キュゥべえに対してジュゥべえは安直な名前だと多くの読者から思われていたが、その本当の役割やジュゥべえ誕生の経緯が明らかになると一転、実はこの名前こそ相応しいものであったことが判明する。キュゥべえに対してのジュゥべえなので、キュゥべえの後輩や亜種であろうと当初は思われていた。

キャラクター詳細

第4話ではじめてかずみたちの前に姿を現す。「妖精」と呼ばれており、キュゥべえと同じく魔法少女の契約を行う存在であり、さらに魔法少女たちのソウルジェムを浄化する役目を担っている。また、魔女が落としたグリーフシードを額から取り込み、処理を行っている。(*グリーフシードはそのままにしておくと魔女が生まれて危険なため、処理する必要がある)

かずみたちがユウリと戦った際には、ユウリのソウルジェムを浄化しようとして殺されるも、その後何食わぬ顔で現れており、一見キュゥべえのようにスペアが存在するものと見受けられたが、よく見ると出血しながら現れており、単に打ち所が良かったのか、自己修復機能があるのかは不明だが、物語で登場するジュゥべえは同一個体である模様。

さらに双樹姉妹との戦いではニコとかずみに手を貸すなど、これまでのキュゥべえとは異なり、比較的魔法少女に寄り添っている様子を見せる。

だが、第10話にて、ソウルジェムや魔法少女の秘密が明らかになると、自身の役割は、魔法少女の魂を抜き取り、ジェムという形に結晶させることであると告げており、キュゥべえのように魔法少女を利用していることが判明する。

そして、かずみに海香が見せた記憶の中で、ユウリの魔女化を目撃したプレイアデス聖団に対し、「希望が絶望へと相転移する瞬間に生まれる膨大なエネルギーの回収、それがボクの役割だ」「この国では成長途中の女のことを少女って呼ぶんだろう?だったらやがて魔女になるキミたちは魔法少女と呼ぶべきだよね」と伝えていた。この時の口調はキュゥべえそのものであったが、激昂した海香によってジュゥべえの記憶は改竄され、二度と魔法少女を契約できないようにし、自分たちのために働かせるように仕立てたのである。

(*ここからネタバレ)

聖カンナとの戦いで、あすなろ市全体へ掛けていた魔法が解けると、海香とカオルの前にキュゥべえが現れ、言うなれば海香がすべての黒幕であることを告げ、ジュゥべえの正体が判明する。

和沙ミチルの魔女化を見てしまったプレイアデス聖団はキュゥべえを問い詰めていた。その時、激昂した海香はキュゥべえを壁に打ち付けて殺害している。いつものように別の個体がすぐに現れるが、そこで神那ニコは、「ならこいつは遠慮なくもらっていくよ」といってキュゥべえの死体を回収、それを解析し、プログラム化したグリーフシードと掛け合わせ、ジェムの浄化装置であるジュゥべえを生み出したのである。

そしてニコは、それをIncubetor ver dependent、つまり従属するインキュベーター、ジュゥべえと名付けたのである。

ジュゥべえ誕生により、キュゥべえ抜きの魔法少女システムが完成する。(*グリーフシードの処理方法が無いとキュゥべえが不要とならない) 。そしてプレイアデス聖団は全員の魔法で、あすなろ市全体に、インキュベーターを認識しない魔法をかけ、同時にキュゥべえに関する記憶をすべてジュウべえに置き換えたのである。(当然プレイアデス聖団のメンバーたちも記憶を書き換え、魔法を使った記憶すら消している)

しかし、ジュゥべえは完璧では無かった

グリーフシード無しでのソウルジェム浄化、キュゥべえ無しでのグリーフシードの処理が可能になったことで、キュゥべえもこの時ばかりは「なるほど、ボクの殺し方としてはパーフェクトだ、考えたね御崎海香」と感心したほどであった。

しかし、キュゥべえの仮説によれば、「希望と絶望の相転移の際に発生するエネルギーを回収するために存在している」と言っても過言でないインキュベーターの肉体を使用したことが間違いであり、その本能は「グリーフシード無しのジェム浄化」を許さなかった。

その結果、ジュゥべえによってジェムを浄化していたと思っていたプレイアデス聖団であったが、実際には表面処理を施された程度で、穢れは確実に溜まっていたのであった。

ジュゥべえとキュゥべえの関係性

上述のとおり、ジュゥべえはキュゥべえの死体をもとにニコが創り上げたものであり、完全に別の個体である。キュゥべえは「人工的なものとはいえ、せっかく自分以外の同類がそこに存在するのに、ボクの言葉すら彼には届かなかったなんてね」とも語っており、ジュゥべえに関心を持っていたことが分かる。

プロフィール

名前 ジュゥべえ 身長 ???
誕生日 ??? 血液型 ???
年齢

???

武器 ???
CV ???
作品 [新約]魔法少女かずみ☆マギカ


マギアレコード プロフィール
*実装後に追記を予定。

ステータス/スキル/マギア/ドッペル

ステータス

名前 ジュゥべえ
属性 検証中
身長 不明
誕生日 不明
年齢 生後、数ヶ月程度
血液型 不明
武器
CV 不明
作品 [新約]魔法少女かずみ☆マギカ

レア HP ATK DEF
★1 調査中 調査中 調査中
★2 調査中 調査中 調査中
★3 調査中 調査中 調査中
★4 調査中 調査中 調査中
★5 調査中 調査中 調査中
各レアリティごとの最大レベル時のステータス早見表です。
>> 情報提供は掲示板までお願いします


スキル

ディスク
コネクト *****
----検証中-------
マギア *****
----検証中-------

*****
----検証中-------

メモリア

メモリアとは魔法少女の記憶が魔力により結晶化されたもの。装備することでステータスがアップするだけでなく、特殊なスキルやアビリティを使用できる。
*** 【解放条件:初期】
ステータス補正:
追加効果:
*** 【解放条件:●●】
ステータス補正:
追加効果:
*** 【解放条件:●●●】
ステータス補正:
追加効果:
*** 【解放条件:●●●
ステータス補正:
追加効果:

プロフィール




キャラクターの評価


評価 ***


キャラクターの使い道と特徴

原作ではプレイアデス聖団 (*魔法少女チーム) の仲間でしたが、戦いに参加するキャラクターではないため、実装される可能性は低いと思われます。実装されるとしたら、回復役としての登場の可能性も。

魔法少女ストーリー攻略

エピソードLv.1



エピソードLv.2



エピソードLv.3



エピソードLv.4



エピソードLv.5



関連ページ

UP
menu