【マギアレコード/マギレコ】 魔法少女の年齢一覧と考察 最年少/最高齢の魔法少女は何歳?

マギアレポートにより、七海やちよが、女子大生であることが判明していますが、そもそも魔法少女として契約するのに、年齢は関係あるのでしょうか。一度は疑問に思うことだと思いますので、こちらのページで解説します。

(追記)
マギアレポート第23話で由比鶴乃が高校生であることが判明。中高一貫校に通っている。

そもそも中学生の子が多い理由は?

インキュベーターの目的


魔法少女を契約するインキュベーターこと、キュゥべえ。巧みな話術と交渉術で少女を魔法少女として契約させるその手腕は、トップレベルの営業マンですら脱帽もの。

インキュベーターの目的は、希望から絶望への相転移の際に得られる感情エネルギーを採取すること。簡単に言えば、希望から絶望への落差が大きいほど大量のエネルギーを獲得できることになり、これは思春期の少女が最も効率がよく、感情の起伏が乏しくなるほど、彼らにとっては価値の無いものになっていく。そのため、魔法少女は中学生程度の少女が多いのである。

成人になっても魔法少女でいられるのか?

結論としてはイエス。
ただ、インキュベーターの目的が、エネルギーの回収である以上、あらゆる手段を使って魔法少女たちを魔女化させようとすることもあり、魔法少女として長年活動する少女は少ない模様。外伝を含め、成人以上であることが判明している魔法少女も数は少ないものの存在する。

年齢早見表

基本的に登場人物は女子中学生が中心

下記の表より、具体的に判別できないキャラは多数いるものの、そのほとんどが中学生であり、現時点で高校生であることが明示されているキャラは存在しない。なお、マギレコオリジナルキャラクターである七海やちよは、冒頭でも述べたとおり、マギアレポートにて女子大生であることが判明している。


18歳以上
イザボー (魔法少女たると☆マギカ)
*史実を基にすれば魔女化したのは50歳程度
ペレネル (魔法少女たると☆マギカ)
*史実を基にすればある程度高齢であると推察可
美琴椿 (魔法少女すずね☆マギカ)
*設定上20前後
七海やちよ (マギアレコード)
*女子大生のため18-22歳程度
[備考]
アニメ版最終話や劇場版前編のエンディング(*シルエットのみ)に、かつて魔法少女だったとされる歴史上の人物 (卑弥呼やクレオパトラなど) が示されており、彼女たちの中には明らかに成人している魔法少女も含まれる。また、設定上、鳥かごの魔女は魔女化した時点で20代中盤~30代であったとされる。
高校3年生(17~18歳)
都ひなの (マギアレコード)
*魔法少女ストーリー第1話で確定
高校2年生(16~17歳)
   
高校1年生(15歳~16歳)
   
高校生(学年不明)
由比鶴乃 (マギアレコード)
*マギアレポートで高校生であることが判明
中学3年生(14~15歳)
巴マミ (魔法少女まどか☆マギカ)
美国織莉子 (魔法少女おりこ☆マギカ)
呉キリカ (魔法少女おりこ☆マギカ)
浅古小巻 (魔法少女おりこ☆マギカ)
奏遥香 (魔法少女すずね☆マギカ)
椎名レミ (魔法少女かずみ☆マギカ)
*中学3年生の時に失踪
綾野梨花 (マギアレコード)
*巴マミ 魔法少女ストーリー第2話で判明
中学2年生(13~14歳)
鹿目まどか (魔法少女まどか☆マギカ)
美樹さやか (魔法少女まどか☆マギカ)
暁美ほむら (魔法少女まどか☆マギカ)
佐倉杏子 (魔法少女まどか☆マギカ)
佐倉杏子は[新編]反逆の物語で、まどか達の同級生として登場していたため、同学年と推定。(ただしほむらの結界世界での出来事なので確定は不可)
成見亜里紗 (魔法少女すずね☆マギカ)
詩音千里 (魔法少女すずね☆マギカ)
カナミ (魔法少女すずね☆マギカ)
*第2話の新聞記事より確定
中学1年生(12歳~13歳)
天乃鈴音 (魔法少女すずね☆マギカ)
日向茉莉 (魔法少女すずね☆マギカ)
*すずねの同級生のため確定
日向華々莉 (魔法少女すずね☆マギカ)
*茉莉の双子のため確定
中学生(学年不明)
木崎衣美里 (マギアレコード)
13歳で確定。学年は判別不可。
(都ひなの 魔法少女ストーリー第1話)
環いろは (マギアレコード)
牧カオル (魔法少女かずみ☆マギカ)
*かずみの会話から中学生は確定
御崎海香 (魔法少女かずみ☆マギカ)
*同上
和紗ミチル (魔法少女かずみ☆マギカ)
優木沙々(魔法少女おりこ☆マギカ)
*織莉子を先輩と呼ぶため中学1~2年生
小学生以下(12歳以下)
百江なぎさ (劇場版[新編]反逆の物語)
ランドセルを背負う描写があるため小学生と推定
千歳ゆま
幼稚園~小学校低学年程度と見られる
昴かずみ (魔法少女かずみ☆マギカ)
かずみは最終話にて、カオルや海香と同じ中学の制服を着ていることから、中学生相当の年齢ではあるが、かずみは魔法により造られた人造魔法少女であり、作られてから数週間~数カ月程度しか経っていない



年齢不明or確定できないキャラクター
キュゥべえ
有史以前より存在しているため、数千年以上生きていることになるが、秘密を知った魔法少女らに殺害されることもあり、同一個体ではない。
シャルロッテ (劇場版[新編]反逆の物語)
設定のみ存在するキャラ。お菓子の魔女の元となった魔法少女。容姿から中学生位の少女と見られる (*なぎさはあくまでもお菓子の魔女が浄化された後の姿)
タルト (魔法少女たると☆マギカ)
リズ (魔法少女たると☆マギカ)
メリッサ (魔法少女たると☆マギカ)
エリザ (魔法少女たると☆マギカ)
史実を基にすれば、たると☆マギカはタルトが17-19歳の頃の2年間を中心に描いていいる。リズはタルトの1つ上であることは確定。メリッサはタルト達と年齢が近いことを、タルト自身が語っている。なお、エリザも同年齢程度の容姿であるが詳細は不明。
ラピヌ (魔法少女たると☆マギカ)
コルボー (魔法少女たると☆マギカ)
ミヌゥ (魔法少女たると☆マギカ)
年齢に関する描写は無い。ラピヌが長女、コルボーが次女、ミヌゥが三女である。なお、母のイザボーは歴史上実在するが、ラピヌたち三姉妹らは架空の人物である。
フレシュ (魔法少女たると☆マギカ)
ラム (魔法少女たると☆マギカ)
雲土ぴあ (ディバインゲートコラボ)
およそ中学生と推定されるキャラ
以下、中学生程度と想定されるものの、具体的に年齢を特定する材料に欠けるキャラ。
人見リナ (魔法少女おりこ☆マギカ)
朱音麻衣 (魔法少女おりこ☆マギカ)
佐木京 (魔法少女おりこ☆マギカ)
真澄千花 (魔法少女おりこ☆マギカ)
美緒 (魔法少女おりこ☆マギカ)
双葉 (魔法少女おりこ☆マギカ)
綾野ひかり (魔法少女おりこ☆マギカ)
若葉みらい (魔法少女かずみ☆マギカ)
宇佐木里美 (魔法少女かずみ☆マギカ)
神那ニコ (魔法少女かずみ☆マギカ)
浅海サキ (魔法少女かずみ☆マギカ)
双樹あやせ (魔法少女かずみ☆マギカ)
双樹ルカ (魔法少女かずみ☆マギカ)
聖カンナ (魔法少女かずみ☆マギカ)
茜すみれ (魔法少女かずみ☆マギカ)
飛鳥ユウリ (魔法少女かずみ☆マギカ)
杏里あいり (魔法少女かずみ☆マギカ)
ユウリとあいりは同い年。学校の教室にいる描写はあるが、それ以上の判断材料がなく、中学生や高校生と断定は不可。
こまち (Mobage版魔法少女まどか☆マギカ)
エリーゼ (Mobage版魔法少女まどか☆マギカ)
ひより (Mobage版魔法少女まどか☆マギカ)
クレア (Mobage版魔法少女まどか☆マギカ)



UP
menu