[パチンコ] CR魔法少女まどか☆マギカ

2017年9月4日に導入日が決定CR魔法少女まどか☆マギカ (まどマギ)のスペックや導入日、演出信頼度や保留変化などをまとめています。攻略の参考にしてください!
*パチンコ関連の話題は、ページ内の掲示板をご利用ください

公式PV公開!



アプリ:マギアレコードの攻略はこちら

ホール関係者のツイートにより、詳細が判明してきました。






機種概要

原作:魔法少女まどか☆マギカ


魔法少女まどか☆マギカは、2011年1月から4月に放送されたシャフトによるアニメ作品。「まどマギ」の略称でも知られる。願いを叶える代償として「魔法少女」となり、人類の敵である「魔女」と戦うことになった少女たち。彼女らに降りかかる過酷な運命を、魔法少女としての圧倒的な素質を背負いながらも傍観者としての立場で関わることになった「鹿目まどか」を中心に物語が展開される。

原作の無いアニメーション作品として、放送開始直後はさほど話題にもならなかったものの、メインキャラクターの一人である「巴マミ」の序盤での死去という衝撃的な展開を機に話題性を増していった。新房昭之監督・シャフト制作のタッグ、「ひだまりスケッチ」シリーズで知られる漫画家の蒼樹うめによるキャラクター原案、化物語のEDなどで有名になった劇団イヌカレーが魔女・空間設計、ニトロプラス所属の虚淵玄が脚本を担当したことでも話題に。


劇場版[新編]叛逆の物語が公開された2013年には、メーシーよりパチスロ版の魔法少女まどか☆マギカが登場し、2016年9月にはパチスロの第2弾となる魔法少女まどか☆マギカ2も発売されており、今なお全国のパチンコホールで人気の機種となっている。

魔法少女まどか☆マギカ あらすじまとめ


メーカー

本機種は、2017年5月23日に、「京楽」「オッケー」の2メーカーで検定に通過したことが判明している。同一機種 (*型番は異なる) でメーカー違いで発売されるのは極めて珍しい。とはいえ、オッケーは京楽の傘下?協業?関係なので、全く関係が無いメーカーが発売するというわけではない。

愛知県名古屋市のパチンコ/パチスロメーカー。アニメや特撮、映画など、認知度の高い版権物の機種製造が多い。近年の主な機種は必殺仕事人Ⅴ、水戸黄門Ⅲ、テラフォーマーズ、AKBバラの儀式など。


京楽同様、名古屋市に本社を置くパチンコ/パチスロメーカー。まさむら遊戯が2011年に商号変更し、京楽とフィールズが協力して生産するパチンコブランドとなった。近年の主な機種はGANTZ、アベンジャーズなど。

基本スペック

スペック情報
型番 XM1
メーカー 京楽産業
大当たり確率 1/319.7→1/7.32
賞球数 4&1&3&7&3&15/9C
Vラウンド:1R×10C×3個 
ヘソ振り分け
(*特図1)
7R通常(電サポ1回+保留4個):85%
7R通常(電サポ6回+保留4個):14%
7R通常(電サポ100回+保留4個):1%
電チュー振り分け
(*V入賞+特図2)
4R通常(電サポ6回+保留4個):35%
12R通常(電サポ6回+保留4個):55%
16R通常(電サポ100回+保留4個):10%
実質継続率 73.0% (ヘソ56.0%、電チュー79.3%)
平均連荘数 3.70回 (平均32.9R)
獲得出玉目安 3,866個(標準偏差4,534個) 
等価ボーダー 20.7回/K *削り無し換算
全国導入日 2017年9月4日
導入台数 約25,000台
*京楽機種のため、名古屋の直営店舗で先行導入が予想されます。
*オーケーの機種は直営店限定になる可能性も
>> 直営店情報はこちら


ヘソで大当たり後、電サポ 1 or 6 or 100回+保留4個の間に1/7.32 (実質56%) を引ければ実質79.3%継続へ。16Rを引ければ次の当たりはほぼ確定となる。

ボーダー

4円パチンコ 交換率別ボーダー
  XM1 H2
4.0円交換 20.7  
3.5円交換    
3.0円交換    
2.5円交換    

2円パチンコ 交換率別ボーダー
型番 XM1 H2
     
     
     
     

1円パチンコ 交換率別ボーダー
型番 XM1 H2
     
     
     
     


大当たり図柄

・1・・・美樹さやか
・2・・・アントニー (Anthony) 魔女の使い魔
・3・・・暁美ほむら
・4・・・ピョートル (Pyotr) お菓子の魔女の手下
・5・・・佐倉杏子
・6・・・ダニエルとジェニファー ハコの魔女の手下
・7・・・鹿目まどか
・8・・・セバスティアンズ (Sebastian's) 影の魔女の手下
・9・・・巴マミ


意外なことに使い魔も当たり図柄として採用されています。

ゲームフロー

▼通常時 (特図1)
通常時(左打ち)、1/319.7で大当たり。振り分けは次の通り
・ワルプルギスの夜 (85%)
  7R通常(電サポ1回転+保留4回転)
マギカRUSH (14%)
  7R通常(電サポ6回転+保留4回転)
アルティメットRUSH (1%)
  7R通常(電サポ100回転+保留4回転)

1/7.34を上記回転(5~104回転)内に当てることができれば特図2へ
突破率は実質56.0%

▼高確率時 (特図2)
マギカRASH (計90%)
  4ラウンド通常(電サポ6回転+保留4回転):35%
  12ラウンド通常(電サポ6回転+保留4回転):55%
アルティメットRUSH (10%)
  16ラウンド通常(電サポ100回転+保留4回転)

RASHの実質継続率は約79.3%

普段パチンコを打たない方には分かりづらいかもしれませんが、簡単に言えば、当たれば5~104回転の電サポが付き、その間に約1/7を引ければ(実質56%) RASHに突入、継続率約80%ループという流れです。割合は低いですが、16Rを引ければほぼ次の当たりは確定なのは嬉しいところ。

▼ゲームフロー (タップで拡大)
ゲームフロー画像

大当たり中の楽曲

新規楽曲として「ユメおと」を含む3曲が収録!

新規楽曲
あこがれ咲いた 鹿目まどか (悠木碧)
Mebius Ash 暁美ほむら (斎藤千和)
ユメおと 鹿目まどか&暁美ほむら


他の楽曲は現時点では不明ですが、以下、パチスロ版での使用楽曲です。

1.ルミナス (ClariS)

2.コネクト
>> YouTubeで検索

3.未来

  >> YouTubeで検索

4.Magia


5.Sis Puella Magica!
>> YouTubeで検索

iPhone/Androidアプリ

パチスロ版魔法少女まどか☆マギカ、魔法少女まどか☆マギカ2はスマホアプリとなって配信中。パチンコ版のアプリが配信された場合はこちらで紹介予定。なお、777townでは京楽機種の取り扱いが無いため、777townでの配信は可能性薄。

以下、パチスロ版の配信先リンク

SLOT魔法少女まどか☆マギカ
iTunes Store Google Play
SLOT魔法少女まどか☆マギカ2
iTunes Store Google Play


初心者向け (まどマギファン向け)

最近のパチンコ業界事情について

まどマギの機種が出るということで、これから初めてパチンコを打とう、あるいはしばらく打っていなかったものの、久々に打とうという方もいると思われるため、最近のパチンコ業界の事情について簡単に解説。

MAX機の撤去と継続率65%規制に
2016年より新内規が適用され(*正確には2015年11月に内規変更)、現在は新基準と呼ばれる機種のみしか検定を通過できなくなっている。主な変更点は次の通り。

・大当たり確率の下限が1/320まで
・確変継続率は最大65%まで (*V-ST機は除く)
・出玉なしの突然確変/突然時短/潜伏確変の廃止
・通常時ベース30以上
・ヘソ賞球4個以上

これまで、1/399、継続率80%といった機種も出ていた中、MAX機が廃止されたことで、ここ最近は1/319、継続率65%が中心。確変終了後に時短が100回付くなどはあったとしても、平均連荘数は3連程度。よって爆発力という点では以前とは比べようもなく落ちているのが現状。

通常ベース(100玉打って、戻ってくる玉の割合)が30以上となり、これまでより、玉持ちがよくなっている。そのため、同じ金額で長時間遊戯が可能にはなったものの、その分、ボーダー(勝てる目安となる1000円あたりの回転数) は上がり、20回/千円回る台であってもボーダーに届かないことも多くなっている。

大事なのはボーダーを把握したうえでの立ち回り
基本的にパチンコは確率の問題なので、ボーダー以上で長時間打てば勝てる (勝ちやすい) ものである。技術介入(止め打ち/ひねり打ちなど) で多少ボーダーを下げることはできるものの、基本はボーダー以上の台を打つことであり、交換ギャップのある店舗であれば、できるだけ貯玉での再プレーで遊戯したいところ。


遊ぶだけであれば低貸し専門店/ゲームセンターへ
パチンコは基本1玉4円が普通だが、1円パチンコなど、低貸しの専門店やコーナーも多い。単に演出を楽しみたいだけであれば、こういった店で遊ぶほうが大きな負けもないためおすすめ。ゲームセンターに導入されることもあるが、基本的に中古台を設置する形になるため、ゲームセンターでは機種価格の下がる半年や1年以上経たないと導入されないことも

アプリでの配信を待つのも1つの手
こちらもまどマギファンで、特にパチンコを打ちたいわけではなく演出を楽しみたい目的であれば、iPhoneやAndroid向けにアプリが配信されるのを待つのも一つ。とはいえ、こちらも早くても配信されるまで半年程度はかかることが多いので、すぐに遊びたい場合は1円パチンコなどで導入されている店舗を探すのが無難。

攻略情報

止め打ち/技術介入要素

通常時
オーバー入賞を割けるため、保3止めが基本。ステージ入賞率も考慮した台選びをしたいところ。

大当たりラウンド中
ゲージ/アタッカー周囲を確認後に追記予定。基本はひねり打ちによるオーバ-入賞と、ラウンド間の打ち止めによる無駄玉の削減。

電サポ中
電チュー開放パターン確認後に追記予定。玉増やし効果も検証予定。

セグ判別

セグ判別 (ヘソ)
*導入後に検証予定。

セグ判別 (電チュー)
*導入後に検証予定。


演出信頼度

保留変化


保留はソウルジェムモチーフが濃厚か・・・?
保留変化信頼度 (通常時)
型番 XM1 H2
大当たり確率 1/319? 1/199?
レインボー 超激熱 超激熱
ゼブラ 信頼度:高 信頼度:高
点滅 信頼度:低 信頼度:低

保留変化信頼度 (確変時)
型番 XM1 H2
大当たり確率 1/319? 1/199?
レインボー 超激熱 超激熱
ゼブラ 信頼度:高 信頼度:高
点滅 信頼度:低 信頼度:低


通常時演出



日常リーチ


  319.ver
さやか 約%
マミ 約%
眼鏡ほむら 約%


魔法少女リーチ

  319.ver
杏子 約%
ほむら 約%
まどか 約%



VS魔女バトルリーチ

  319.ver
影の魔女×ほむら ★3
薔薇園の魔女×マミ ★3
銀の魔女×杏子 ★3
鳥かごの魔女×ほむら ★3.5
芸術家の魔女×まどか ★4

ストーリーリーチ

  319.ver
第3話 もう何も怖くない ★4
第4話 奇跡も、魔法も、あるんだよ ★4
第9話 そんなの、あたしが許さない ★4
第11話 最後に残った道しるべ ★4
最終話 わたしの、最高の友達 ★4.5

  319.ver 199.ver
信頼度 約% 約%


  319.ver 199.ver
信頼度 約% 約%


  319.ver 199.ver
信頼度 約% 約%


  319.ver 199.ver
信頼度 約% 約%


  319.ver 199.ver
信頼度 約% 約%


通常時の主な待ちについて

保留変化の割合
初当たりに絡む保留変化の割合については導入後に追記を予定。保留変化なしや、蒼保留などでも比較的当たりやすいかなど

当たりに絡みやすい演出


確変中演出



時短中演出



保留連演出

保留連演出とは、大当たり後、残った保留内に当たりが含まれる場合に発生する専用の演出のこと。

全回転演出

発生で15R確変濃厚な演出


その他プレミア演出

プレミアとは出現頻度ではなく、発生時点で当たりが濃厚となる演出のこと。文字や筐体のレインボー発光などは原則プレミア扱い。機種によっては15R確変濃厚、確変濃厚、当たり濃厚など差異がある。こちらも順次追記予定。


関連動画

公式PV


試打動画




評価

2011年から版権を持っていたようで、2013年頃に開発を発表、そしていつになって発売されるのかと長らく待たせられていた魔法少女まどか☆マギカがパチンコにて遂に登場します。

継続率について
新基準機となって基本的に継続率の上限は65%ですが、混合器は抜け穴的に高継続が作れるので、そこに合わせてきた感じですね。(最近の甘デジに多い時短突破型などはこのパターン) ユーザーが求めているのは結局のところ連荘と出玉ですから、まあ当然の流れなのかなと。

初回大当たりは必ず7R (約950個)、そこから電サポが1回or6回or100回+保留4個で約1/7を当てられれば継続率約80%のRASHに突入といった流れです。7回中6回は電サポ計5回で、突入率は半々。ここでRASHに入れられるかどうかが重要になります。ヘソだと1%、電チュー側でも10%と振り分けは低めですが、電サポ100回が付けばほぼ100%次回の当たりも確定なのは嬉しいところ。

新基準機の中では比較的打ちやすい印象です。


筐体/ゲージ
なかなか作り込まれていて、個人的には好きな筐体です。キュゥべえがとにかくかわいいのがなんとも(笑) 演出が良ければ中古筐体解体の購入も・・・
ゲージについては現時点で詳細は不明ですが、等価ボーダーは20程度なので、ステージが上手く使えたりしないとちょっと辛いかもしれません。ここ最近は釘のチェックシートの影響で、入荷状態のまま釘を弄らないで営業しているところも増えてきてる(*本来はそうしないといけない) ので、元ゲージの状況は気になるところです。

演出バランス
導入後に検証します。
まあ京楽なので・・・とあきらめがちな方も多いようです・・・。

9月4日に全国導入とのことですが、必殺仕事人Ⅴのように、稼働してすぐにアプリで配信される可能性もあるので、パチンコホールに行きたくない方はアプリの配信を待つのも。

その他
全国導入台数が約25,000台と、思ったより多くはない印象です。必殺仕事人は約60,000台だったので、ホールによっては欲しい数がなかなか揃えられず、お客も座りたくてもなかなか座れないという状況がしばらく続くかもしれません。参考までに最近出た(別メーカーですが)ひぐらしで10,000台程度です。



掲示板






UP
menu