作品紹介:ひだまりスケッチとは?

・配信日は現在未定 (*2017年予定)
・事前登録者50万人突破!事前登録情報はこちら
・ブレンドSが参戦決定!詳細はこちら
ひだまりスケッチ

きららファンタジア(きらファン)に登場する「ひだまりスケッチ」の作品紹介です。まだアニメや原作漫画を見たことが無い方は参考にしてください。

作品概要

概要

ひだまりスケッチは、漫画家の青樹うめによる4コマ作品。芳文社から発売されているまんがタイムきららキャラットにて2004年4月号より連載中。「ひだまり」「ひだスケ」とも。

2007年にアニメ化されて以降、第4期まで放映され、ドラマCD やゲームなど数多くのメディアミックス作品が展開されている。まんがタイムきらら系の連載作品としては、連載期間は三者三葉に次いで2番目という長期連載作品である。

あらすじ

主人公である「ゆの」は、憧れであったやまぶき高校の美術科に合格し、高校の目の前にある「ひだまり荘」にて一人暮らしを始める。ひだまり荘はやまぶき高校の美術科に通う生徒が集まるアパートであった。そこで同級生の宮子、先輩のヒロ、沙英と出会い、彼女たちとの日常生活が描かれる。

作品は連載回によって季節や時期が多少変化するが、連載が続くにつれ、全体の時間が経過していく。連載開始当初は高校入学、2017年現在ではゆのや宮子や高校3年生となっている。

原作者:蒼樹うめ

うめ先生ひだまりスケッチのほか、魔法少女まどか☆マギカのキャラクター原案でも知られる漫画家・イラストレーター。「へちょ顔」とよばれる独特のギャク顔も特徴。愛称は「うめ先生」のほかに「うめてんてー」「ウメス」「てんてー」など。なお、ひだまりスケッチでは「うめ先生」という役でご本人がCVを担当しているキャラクターが登場する。

登場キャラクター

名前について

一部のキャラクターを除き、基本的にフルネームは存在しない。(蒼樹うめ先生自身が、フルネームを設定するつもりが無いと語っている)。また、一部のキャラクターにはシンボルマークやイメージカラーが設定されている。

ゆの (CV:阿澄佳奈)

ひだまりスケッチ/ゆの 本作の主人公。ひだまり荘201号の住人。やまぶき高校では1年A組→2年A組→3年A組。身長144.5cmとかなり小柄であり、100均のメジャーで測れてしまうほど。本人は身長が伸びないことに軽いコンプレックスを抱いている。左右の横髪につけた×印の髪留めがトレードマークであり、これがシンボルマークとなっている。

宮子とは隣人であり同級生。親友と呼べるほど仲が良く、一緒に行動する場面が多い。何事にも一生懸命な努力家。素直で性格も穏やかで、どこから見てもいい子ではあるが、たまに天然な部分も見せる。

宮子 (CV:水橋かおり)

ひだまりスケッチ/宮子
ひだまりスケッチに登場するキャラクターであり、ひだまり荘202豪室の住人。ゆのは同じひだまり荘の隣人であり、同級生でもあることから仲が良く、やまぶき高校、ひだまり荘を問わず、一緒に過ごすことが多い。

天真爛漫な性格で、時には鋭いボケでヒロや沙英を怒らせることもままあるが、どこか憎めない。実家が貧しいためか、食べ物に関する話題には敏感。学業面も意外と優秀であり、やまぶき高校は推薦で入学したほど。芸術性に関しては人一倍抜きんでている。

ヒロ (CV:後藤邑子)

ひだまりスケッチ/ヒロ
ひだまりスケッチシリーズに登場するキャラクターで、ゆのや宮子の1学年上。沙英とは同級生で親友。女性らしいおっとりのんびりした性格。前のひだまり荘102号室の住人(*作中では現時点で卒業して退去済み)であり、面倒見が良く、沙英のことを気に掛けたり、ゆのたちにとっても良き先輩であった。(どちらかといえばみんなの母親に近い存在)

料理が得意でひだまり荘の住人に料理を振る舞うことも多い一方、甘いものに目が無く、ダイエットの話題には事欠かない。やまぶき高校卒業後は、美術教員になるべく、美大に進学している。 

沙英 (CV:新谷良子)

ひだまりスケッチ/沙英
ひだまりスケッチシリーズに登場するキャラクター。ひだまり荘102号室の住人、ゆのや宮子の1学年先輩にあたり、沙英とは同級生。やまぶき高校の美術科に通う傍ら、プロの小説家としても活動しており、自分の作品の挿絵を描くために美術の勉強を行っている。

身長167cm、ショートカットでスレンダーな体型で女子からも人気があるものの、恋愛経験は少なく、その手の話題は苦手。正直者でいつも冷静な常識人。沙英とは親友であり、夫婦のように描かれる場面も多い。智花という妹がいる

乃莉 (CV:原田ひとみ)

ひだまりスケッチ/乃莉
ひだまりスケッチシリーズに登場するキャラクターで、宮子やゆのの1つ下の後輩。ひだまり荘103号室の住人である。関西出身で、常にポジティブ。思ったことはそのまま口にしてしまうところが珠に傷だが、根はやさしく、なずなをフォローする場面も多い。

機械に弱いメンバーが多いひだまり荘において、唯一パソコンを所持し、色々と知識も豊富。PC内には見られると半狂乱になると乃莉が語るフォルダが存在していることから、中二病的なものを患っていた可能性も・・・。ゆのからは「乃莉ちゃん」、宮子からは「ノリスケ」「ノリコさん」「のりっぺ」など様々な呼ばれ方をしている。


なずな (CV:小見川千明)乃

ひだまりスケッチ/なずな
ひだまりスケッチに登場するキャラクターであり、ゆのや宮子のひとつ下の後輩。ひだまり荘203号室の住人。やまぶき高校普通科への合格が決まったのち、父親の転勤に母親もついていくことになり、ひだまり荘へ入居することになった。ひだまり荘は美術科入学のために遠方の学生が入居することが多いため、ゆの達も最初は美術科の生徒であると思い込んでいた。

非常におっとりした性格で、あまり自分自身に自信が持てず、なにかと遠慮しがちな面も見せる。どこか放っておけない雰囲気を出しており、クラスの男子にも人気がある。