[DFFOO]オペラオムニア攻略最新版リセマラランキング
トップページ 攻略メニュー ガチャシミュ リセマラ
攻略掲示板 雑談掲示板 フレンド募集板 マルチ募集板

最新版リセマラランキング


このページではゲーム開始時のリセマラ方法と、主に狙うべき装備について解説しています。これからプレイする方は参考にしてください。

リセマラの予備知識

リセマラとは?

リセマラとは、最初に引くことのできるチュートリアル後のガチャで欲しいものが出現するまで、アプリのインストールと再インストールを繰り返す作業のことです。
序盤を有利に進めることができることや、高レアリティの装備ほど入手が難しいため、課金プレイヤーでも多くの人が行っているのが実情です。特に★5の入手確率は5%と低めなので、できればこのタイミングで使いやすい武器を揃えておきたい所です。

リセマラのタイミング



事前報酬の5,000ジェムに加え、 メインクエスト1章クリア後に10,000ジェムを獲得することができ、5000ジェムで11連1回分 (★4以上1個確定) を行うことができます。
(現在事前登録の報酬配布は終了していますが、ニコ生放送の配布などでゲーム開始時にまとまった量のジェムを入手できます)

リセマラのタイミングとしては、
①ガチャを引けるようになったタイミング
②第1章クリア後
のどちらかです。①の場合はゲーム開始5分ほどでリセマラが可能ですが、引ける数は少なくなります。

なお、チュートリアル中にウォーリアオブライト、ビビ、レムのいずれかの★5装備が1個確定で入手できます。(チュートリアル専用ではなく、通常のガチャでも排出される専用装備)
ゲームのシステム上、回復はそこまで重要でないこと、盾役よりもアタッカーが重視されやすいので、チュートリアルはビビ専用がオススメです。

リセマラ作業の半自動化

root化済みのAndroid端末や、脱獄済みのiOS端末ではAutoTouchなど、端末操作(タップやスワイプなど) を記録し、再生できるアプリを使用すれば、リセマラを半自動化させることも可能です。


ガチャの対象はキャラではなく装備

DFFOOにおけるガチャの対象はキャラクターではなく装備(武器や防具)です。
キャラクターはストーリーや期間限定イベントで入手することが可能になっています。

装備は3回まで限界突破が可能

同じ装備を素材にすることで、3回の限界突破が可能になります。3凸後、装備のレベルを上限まで上げると、装備に付与された効果を覚えることができ、装備を外しても効果を発揮します(パッシブ効果)。

ガチャ対象装備一覧と評価

第1章クリア時点で、約13,000~18,000個ほどのジェムを手に入れることができます(時期によりキャンペーンの配布数が異なる)。約30~40回分ほどガチャを引けることになりますが、ピックアップされている装備以外は出現率が極端に低い(ピックアップの1/10) ため、狙いの装備がある場合は今後ピックアップの対象になるのを待つのも一つです。

最新版リセマラランキング

大当たりは現状ヤ・シュトラの「タイラス」一択


評価★★★★★ FF14 ヤ・シュトラ専用
ストーン」の威力UP+対象に1アクション「防御小ダウン」付与。
ストーンは土属性のBRV魔法攻撃で、対象の行動順を遅らせることができます。行動順は非常に重要な要素あり、素早さの高い敵相手にも使いやすいアビリティです。

現在のところ、ヤ・シュトラの汎用性は他のキャラクターと比較してもずば抜けて高く、高難易度ダンジョンでは必須となってくるほどです。
上述の通りストーンは、敵のBRVを奪うだけでなく行動順を遅らせることができる優秀なアビリティですが、さらに覚醒レベル20で覚えることのできるメディカラが非常に優秀です。
メディカラは現在BRVの0.6倍を残りの味方にそれぞれ分配することが可能で、BRVがそのまま相手へのダメージとなるオペラオムニアの仕様上、火力アップ、行動手順の短縮の観点からも重要になります。

現在、リセマラをしてまで狙うのであればほぼタイラス一択といっても過言ではありません。


★5装備の評価一覧

上記のとおり、現状狙うとしたら「タイラス」一択で問題ありませんが、他の★5装備に関してもこちらでまとめます。できればメインで使用することの多いキャラクターの装備を狙いたいところです。以下、タイトルのナンバリング順に表記します。

武器自体の評価だけではなく、キャラクターの性能やアビリティの性質、使用回数などを総合的に判断して評価付けしています。


評価★★★★☆ 
FF1 WOL専用

シャインシールド」使用時に対象のBRVを初期BRVの50%アップ。シャインシールドは対象に、自身の初期BRV分のダメージを軽減する「シールド」を付与する。オペラオムニアでは敵味方の行動順や、敵がターゲットにしてるキャラが分かることから、タイミングを見てかばうことができるため、比較的使える場面の多いアビリティ。使い方次第


評価★★★★☆ 
FF2 フリオニール専用
ブラッドウェポン」のBRV威力UP+HP回復効果の上限アップ。フリニオールは火力も出しやすく、アタッカーとしてつかいやすい。攻撃のついでに自身のHPを回復できるのも魅力。


評価★★★★☆ FF3 オニオンナイト専用
ブリザドコンボ」の威力アップ+「賢者Ⅱ」付与に変化。オニオンナイトは物理・魔法ともに一人でこなすことができ、汎用性が高い優秀なキャラクター。

評価★★★☆☆
FF4 エッジ専用

らいげき」の威力アップ。エッジはすばやさが高く、高速周回にも向いている。らいげきは雷属性の魔法BRV攻撃で、雷弱点の相手に使いやすい、ただし、もう1つのアビリティ「煙玉」は使用回数が1回と少なく、使える場面もあまりないため、長期戦には向かない。

評価★★★★☆
FF4 セシル専用
あんこく」の威力アップ+自身に2アクション「最大BRV小アップ」付与、自身のHPを消費してしまうが、その分瞬間的な火力を出しやすく、アタッカーとして使いやすい。

評価★★★☆☆
FF4 ヤン専用
けり」のBRV威力アップ+対象以外にあたるHPダメージアップ。全体攻撃が可能なヤンではあるが、BRVを効率的に敵全体から削れるというわけではなく、あくまで対象に攻撃+他の敵にもHPダメージという程度で、他のキャラと比べると見劣りする。

評価★★☆☆☆
FF5 バッツ専用
両手持ち」の威力アップ、マスター時さらに威力アップ。マスターさせるための条件が厳しく、バッツ自体が使いづらい。今後の修正やアビリティの追加に期待したいところ。

評価★★★☆☆
FF5 ガラフ専用
「かばう」使用時 自身のBRVを初期BRVの50%分アップ *マスター時は100%アップ 基本的には壁役としての運用がメインとなるガラフであるが、壁役が重要になる場面はほかのキャラと比べると少ないのが難点。


評価★★★☆☆
FF6 ティナ専用
メルトン(詠唱)」の「攻撃力アップ」期間延長+「メルトン+」使用時自身のBRV1.2倍+

[防御力ダウン]期間延長。瞬間的に火力を上げやすく、ダメージソースとして優秀ではあるものの、一度詠唱のために1ACTION挟まないといけず、使い勝手はあまり優れない。


評価★★★★☆
FF6 シャドウ専用
無拍子」使用時、自身のBRV1.4倍+「攻撃力アップ」期間延長。乱れ投げ→無拍子の流れで番うのが基本となる。HP攻撃の無拍子使用時に自身のBRVを一気に上げることができ、火力UP系の相性性能としてはなかなかの優れもの。

評価★★★★☆
FF7クラウド専用
凶斬り」のBRV威力アップ+麻痺付与率UP。凶斬りは2HITする近距離物理BRV攻撃とHP攻撃の連続攻撃で、対象をマヒさせることがあるアビリティ。
状態異常の麻痺付与が可能な凶斬りは。耐性の無い敵相手に使いやすく、その付与率を上げることができるオーガニクスは使いやすい。

評価★★★★☆
FF7クラウド専用
アビリティ使用時、クリティカルが発生すると対象の強化効果を1つ解除する。敵がブレイク状態の時にBRV攻撃を行えば確実にクリティカルが発生するため、ヴァニラのデスペルが不要になるほど。


評価★☆☆☆☆
FF7 ユフィ専用
いただき」使用時、自身に1アクション「最大BRV小アップ」付与。現状ユフィの使い道が全くない状況であり、折り鶴があったとしてもあまり意味がない。


評価★★★★☆
FF7 ティファ
掌打ラッシュ」の威力アップ+「攻撃力ダウン」付与率アップ/期間延長。掌打ラッシュの火力自体が比較的高いだけでなく、攻撃力デバフも可能な点は魅力。

評価★★★☆☆
FF8 ラグナ専用
手榴弾」の威力アップ+「防御力ダウン」期間延長。全体への攻撃・防御力ダウンが可能なラグナ。現状あまり使い道は無いが、複数体のボス戦などが今後実査されれば・・・といったところ。

評価★★★★☆
FF9 ジタン専用
ストラサークル5」の威力アップ+「素早さダウン」付与率+「素早さダウン」「素早さアップ」期間延長 素早さは非常に重要な要素になる。自身の素早さを上げつつ敵の素早さを下げられる優秀なアビリティであり、ジタン自体も使いやすい。

評価★★★★☆
FF9ビビ専用
ファイア」の威力アップ。元々火力の高いビビの火力をさらに上げることができる。相性性で最大BRVもさらに上げられるので、魔法キャラとしてメインで使いたい場合は入手しておきたい。

評価★★★☆☆
FF9 スタイナー専用
パワーブレイクVer.Ⅸ」のBRV威力アップ+「攻撃力ダウン」期間延長+「攻撃力ダウン」付与率アップ、装備自体は比較的優秀だが、攻撃力ダウンより、攻撃アップの効果を解除もしくは奪うことができるアビリティの方が使える場面が多く、スタイナーのデバフ要員としての使い道はそこまで多いわけではない。

評価★★☆☆☆
FF10 ユウナ専用
エスナ」使用時、状態異常回復を全体化
現状唯一のエスナ持ちのユウナ。エスナの効果を全体化させることができるため、状態異常付与を頻繁に行ってくるボス相手に最適ではあるが、使用頻度は少ない。

評価★★★★☆
FF10 ワッカ専用
「ブラインアタック」の威力アップ+行動負荷ダウン。貴重な「暗闇付与」が可能なキャラクターであるワッカ。暗闇は攻撃の命中率を大幅に下げることができる状態異常であり、被ダメ対策として優秀。

評価★★★★☆
FF11 シャントット専用
「精霊魔法エアロ」の威力アップ。
HPダメージを受けるとさらに火力を上げることができるシャントット。魔法キャラとして使いやすく、魔法アタッカーとして用いるのであれば持たせておきたい。

評価★★★★☆
FF12 パンネロ専用
ヘイストルンバ」の行動負荷ダウン+「素早さアップ」期間延長+自身以外の味方全員に4アクション「攻撃力小アップ」付与。こちらもジタンのストラサークルと同様に素早さに特化。

評価★★★☆☆
FF12 ヴァン専用
レッドスパイラル」のBRV威力アップ+「攻撃力アップ」期間延長。ヴァンはレッドスパイラルやディープハザードを3回ずつ使用することでそれぞれ追加攻撃が発動する。瞬間的な火力は全キャラ中でも最大級ではあるが、発動条件が厳しく使い勝手には劣る。

評価★★☆☆☆
FF13 ホープ専用
シェル」使用時、自身に3アクション「攻撃力小アップ」付与。FFシリーズでは基本的な被ダメ対策となるシェルやプロテスではあるものの、使い道が少なくホープの出番もあまりない。

評価★★★★☆
評価7/10 FF13サッズ専用
ねらう」の威力UP+対象に弱体効果付与時、自身に4アクション分「防御UP小」を追加。貴重な必中攻撃である「ねらう」の威力が上がるため、回避率の高い敵との戦闘では最適な武器。

評価★★★★★
FF14 ヤ・シュトラ専用
ストーン」の威力UP+対象に1アクション「防御小ダウン」付与。
ストーンは土属性のBRV魔法攻撃で、対象の行動順を遅らせることができる。行動順は非常に重要な要素あり、素早さの高い敵相手にも使いやすいアビリティ。ヤシュトラ自身、

評価★★★★☆
FF14 イダ専用
崩拳」のBRV威力アップ+「攻撃力アップ」「素早さアップ」期間延長。崩拳は5連続の近距離BRV攻撃+HP攻撃。低BRVからでも相手にHPダメージを与えやすく、その後の攻撃力や素早さアップの期間も延ばすことができ、他のアビリティと比べても使いやすい。

評価★★★★☆
FF零式 キング専用

クイックバレット」の威力アップ+自身に1アクション「攻撃力アップ」付与
装備としては威力と攻撃力アップと単純な性能ではあるものの、キングはリロードでアビリティの使用回数を回復させながら戦うことができる。長期戦になるボス戦で活躍しやすい。

評価★★★☆☆
FF零式レム専用
ケアル」の回復量アップ。現時点で貴重な回復役のレムではあるが、ゲームのシステム上、HPの回復はあまり重要でない(攻撃で敵のBRVを削ったり、行動を抑制、あるいはHPよりもBRVを回復してブレイクさせないようにする方が重要) ため、微妙なところ。また、今後全体HP回復技が実装された場合、確実に使い道が無くなってしまうので、無理してまでねらう必要はない。