[DFFOO]オペラオムニア攻略DFFOO最強キャラクターランキング
トップページ 攻略メニュー ガチャシミュ リセマラ
攻略掲示板 雑談掲示板 フレンド募集板 マルチ募集板

DFFOO最強キャラクターランキング

このページでは実装済みの全キャラクターの特徴やアビリティを解説しつつ、使い勝手や汎用性などからランキングを作成しています。キャラクター育成の参考にどうぞ。

概要

ランキングの付け方について

各キャラクターにはそれぞれ特徴があり、場面次第での使い分けが基本になります。そのため、一概にどのキャラクターが強い/弱いと判断するのは適切とは言えませんが、ここでは汎用性や、アタッカーであればアビリティを含めた火力、補助役であればその使い勝手などを総合的に判断した上で評価しています。なお、評価については今後変動する可能性がありますのでご了承ください。

関連ページ

>> 各キャラクターのステータス比較表

実装済みのキャラクターを全員カンストさせ、ステータスの検証を完了しました。ステータスは武器や防具での補正差が大きいことに加え、アビリティにより使い勝手が異なるため、この数値が強さ自体を表すものではありませんが、それぞれキャラクターの特徴を把握する上では一つの指針となります。

>> 全アビリティ倍率と効果まとめ
全キャラクターの各アビリティの倍率と、相性装備による補正を含めて検証しています。似たようなアビリティであっても相性装備の有無により強さが異なるため、パーティ編成の参考にしてください。また、パッシブ装備による威力やステータス補正がさらに可能なので、どのキャラを使用するかは適宜判断する必要があります。


>> 素早さランキング
各キャラクターは数値では表記されませんが、内部的に素早さのランクが設定されており、これが行動順に大きく影響を及ぼします。
本作では戦闘システム上、素早さは非常に重要な要素となっており、パーティ編成の際に考慮する必要があります。

ランクS 非常に使いやすいキャラクター

FF9 ジタン


特徴
素早さバフ/デバフ 高火力アタッカー
HP 初期BRV 最大BRV 攻撃 防御 素早
C C C C C A

非常に使い勝手の良いアタッカー。素早さが高いため先制しやすいだけでなく、ストラサークル5で自身の素早さをさらに上げつつ、敵の素早さをさげることも可能で、立ち回りがしやすい。またフリーエナジーはBRVを1.2倍にできるHP攻撃で、これにより火力も出すことが可能。汎用性が高く、どのダンジョンでも活躍することができる。



FF8 スコール

 
特徴
高火力アタッカー
HP 初期BRV 最大BRV 攻撃 防御 素早
C E B B E C

全キャラクター中でも屈指の高火力アタッカー。イベント「獅子の心」で実装されたFF8のキャラクター。現状攻撃力と最大BRVは全キャラ中最高(平均値より算出のため上表ではBランク)であり、ソリッドバレルによるBRVの回収が優秀なだけでなく、連続剣は3連続BRV攻撃(初期BRV未満で6連続)からのHP攻撃と、低BRV状態からでもHPを削りやすい。



FF14 ヤ・シュトラ


特徴
土属性/行動遅延/全体BRV回復
HP 初期BRV 最大BRV 攻撃 防御 素早
B A E D A B

非常に万能なキャラであるヤ・シュトラ。まずは通常BRV攻撃が魔法扱いであり、物理耐性のある敵に対しても削りやすい点が特徴。さらにストーンでは行動を遅らせることができ、これも立ち回りで非常に使いやすい。そして最も活用できるのがメディカラ。自分の現在BRVの60%分、他の2体のBRVをぞれぞれアップさせることができる。メディカラを使用できる限り、味方のBRVを回復させ続けることができるため、パーティ全体の火力をあげることができる。



ランクA 比較的使いやすいキャラクター

FF1 ウォーリア・オブ・ライト


特徴
高耐久の壁役
HP 初期BRV 最大BRV 攻撃 防御 素早
B A E C S C

貴重な壁役。強制的に敵のターゲットを自身に変更したり、味方にシールドを張ってダメージを軽減させることも可能。現状、パーティ編成については火力の出せるキャラで固める方が、敵のBRVを奪いやすく、戦況を優位にしやすいため、壁役としての用途が少ないのが難点だが、行動順や敵のターゲットなどを加味しつつ立ち回れば高難易度のボス戦でも使いやすい。



FF2 フリオニール

 

特徴
自己回復/高火力BRV攻撃
HP 初期BRV 最大BRV 攻撃 防御 素早
E B C C C B

HP50%以上の時はアブソーブソードの火力が1.2倍→1.8倍とBRVダメージを与えやすい。さらにブラッドウェポンでは与HPダメージに応じて自身のHPを回復させることも可能であり、アタッカーとして優秀なキャラクター。



FF3 オニオンナイト


特徴
氷属性魔法BRV攻撃/自身の攻撃力・素早さUP
HP 初期BRV 最大BRV 攻撃 防御 素早
D B B C E C

非常にバランスの取れたアタッカー。ブリザドコンボは氷属性の魔法BRV攻撃、連続ヒットは物理攻撃と、ほとんどの敵に対応できる。また、それぞれ使用するごとに自身の攻撃力や素早さをアップすることもでき、立ち回りやすい。使いやすいキャラなので優先的に育てたい。



FF4 セシル

 
特徴
HP消費/全体攻撃/吹き飛ばし
HP 初期BRV 最大BRV 攻撃 防御 素早
A E D B C C

HPを消費するが、全体BRV攻撃や吹き飛ばしが可能。瞬間的な火力を出しやすく、召喚発動とアビリティ使用の相性もいい。残りHPの管理には注意が必要だが、アタッカーとしては比較的使いやすい部類。なお、全体BRV攻撃で同時に複数体をブレイクしたとしても、ブレイクイボーナスは1回分しか分配されないのでこちらもタイミングには注意。



FF6 シャドウ

 (キャラクター詳細はこちら)

特徴
素早さ〇/周回用に最適
HP 初期BRV 最大BRV 攻撃 防御 素早
E A E C E A

素早さが高く、初期BRVも高いため、低難易度ダンジョンの高速周回に最適な1体。アビリティもバランスがよく、使い勝手に優れたキャラ。耐久力が若干低いのが難点だが、アタッカーとしては優秀。



FF7 クラウド

 

特徴
高火力アタッカー/吹き飛ばし
HP 初期BRV 最大BRV 攻撃 防御 素早
D C C B C C

アタッカーとして優秀な火力を持つ。ただし凶斬りのマヒ付与率は決して高いわけではなく、さらに瞬間的な火力を出すことができる画龍点睛は現在のところパッシブ装備での回数アップもできず、1回しか使用できないため、長期戦になるほど使いづらくなる点はマイナス。



FF7 ティファ

 
特徴
スケルトン特化/攻撃力デバフ
HP 初期BRV 最大BRV 攻撃 防御 素早
D C C C C B

掌打ラッシュの火力が比較的高めで、ブレイクも狙いやすい。攻撃力デバフもできる点は〇。火力とデバフ付与率UPのために相性装備のタイガーファングが欲しいところ。気合は自身のBRVを2倍にすることができるが、最大BRV以上にアップすることはできないため、掌打ラッシュや通常BRV攻撃を行った方が良い場面が多く、使い道は少ない。



FF9 ビビ

 (キャラクター詳細はこちら)
特徴
火属性/魔法アタッカー
HP 初期BRV 最大BRV 攻撃 防御 素早
D E B B E C

通常BRV攻撃は魔法扱い。火属性の「ファイア」と、2ACTION分最大BRVと攻撃力をアップさせる「ためる」持ち。火力アップは可能だが「ためる」の使い勝手がそこまでいいわけではないのと、HPや防御が低く、耐久性が低め。とはいえ、敵が火属性弱点だったり物理耐性のある敵対しては、まず選択肢の一つになる。



FF12 パンネロ


特徴
全体素早さUP/リジェネ
HP 初期BRV 最大BRV 攻撃 防御 素早
C A D D S C

パンネロ自身が攻撃に参加するというよりは、ヘイストルンバで全体の素早さをアップし、他のキャラの行動回数を増やして結果的に火力を上げる補助的な立ち回りがメインとなる。素早さアップの恩恵は大きく、連続で攻撃しやすくブレイクも奪いやすくなるなどメリットが大きい。相性装備があれば攻撃力もアップさせることができ、補助役としてさらに使いやすくなる。。



FF13 サッズ


特徴
必中攻撃/攻撃力バフ
HP 初期BRV 最大BRV 攻撃 防御 素早
B C D C A C

必中攻撃の「ねらう」は倍率も1.5倍と他のBRV攻撃と比較しても火力は高め。回避率の高い相手にも使いやすく、さらにアタックブーストは対象の攻撃力/クリティカル率を2ACTION中アップする補助アビリティ。攻撃力とクリティカルアップを加味するとBRVダメージが2倍前後にアップすることになり、高BRVの敵に対してもブレイクを狙いやすくなる。素早さは低いものの、優秀なキャラクターと言える。



FF14 イダ

 
特徴
BRV+HP連続攻撃/毒付与
HP 初期BRV 最大BRV 攻撃 防御 素早
D E C C C B

崩拳は5連続BRV攻撃+HP攻撃の連続技。1ACTIONで敵を削りきることも可能。さらに秘孔拳ではBRV攻撃+中確率で毒を付与することができる。毒付与は使い道はあまりないが、アタッカーとして比較的使いやすい。




ランクB 使える場面が比較的少ないキャラクター

FF4 エッジ

 (キャラクター詳細はこちら)

特徴
素早さ〇/雷属性BRV攻撃
HP 初期BRV 最大BRV 攻撃 防御 素早
D B C C C A

ジタンやシャドウのように素早さが高く、高速周回に向いている、また、雷属性のBRV攻撃が可能であり、弱点の相手には使いやすい。ただし2つ目のアビリティである回避率を極大アップする煙玉はパッシブ装備でも使用回数を増やすことできない上、使う場面もほとんどない。長期戦には現状あまり向いていない。



FF4 ヤン

 (キャラクター詳細はこちら)  
特徴
全体攻撃
HP 初期BRV 最大BRV 攻撃 防御 素早
A E C B E C

"ためる"による攻撃力/最大BRVをアップさせてからの"けり"による全体攻撃が特徴。ただし"けり"はあくまで対象1体にBRV攻撃し、その対象にHP攻撃を行ったあと、その10%分を他の敵にも与えるというもの。全体を効果的に削れるというものではないのが残念なところ。



FF6 ティナ

 

特徴
魔法アタッカー
HP 初期BRV 最大BRV 攻撃 防御 素早
E A B B E C

火力は高いものの、アビリティ一度詠唱してからでないと発動が出来ず、さらに詠唱後のアビリティは1度使うと再び詠唱が必要になるなど、使い勝手としては微妙なところ。(本作ではバトルシステム上、敵のBRVを削れるなど、何もしないターンが無い方が被ダメ対策の面でも重要になる)



FF8 ラグナ


特徴
全体攻撃/攻撃・防御デバフの補助役
HP 初期BRV 最大BRV 攻撃 防御 素早
A E C C C C

レベルを十分に上げ、装備もしっかり整えれば十分な火力は出せるものの、汎用性自体は比較的低め。全体攻撃・防御デバフが必要な場面でのスポット利用が主な使い道。



FF9 スタイナー

 
特徴
火属性/人型特攻/攻撃力ダウン
HP 初期BRV 最大BRV 攻撃 防御 素早
B E E B A C
攻撃力デバフが可能であり、魔法剣による物理攻撃でありながら火属性攻撃ができる点はメリット。ただし火力やデバフ性能がそこまで突出しているわけではなく、他のキャラと比べると見劣りしてしまう。素早さと初期BRVが低いので開幕でブレイクされないように注意したい。
スタイナーのキャラクター詳細はこちら


FF10 ユウナ

 
特徴
エスナによる状態異常回復
HP 初期BRV 最大BRV 攻撃 防御 素早
A A E E S B
ユウナの特徴はエスナで味方の状態異常を回復できること。相性装備があればエスナを全体化できるため、比較的使いやすいが、もうひとつのアビリティである「はげます」は対象のBRVを1.5倍にするというもので、使い道はそれほど多くない。状態異常付与が厄介な敵が出現する場合に使用する程度で、他のダンジョンでは使いづらい。
ユウナのキャラクター詳細はこちら


FF12 ヴァン


特徴
アビリティ連続使用で火力アップ
HP 初期BRV 最大BRV 攻撃 防御 素早
D B B C C B

通常時のレッドスパイラル、ディープハザードは各3回ずつ使用することで、ホワイトアウト、ルミネッセンスがそれぞれ追加で発動するようになり、瞬間的な火力を出すことができる。ただし、発動までに時間が掛かりすぎることが難点であり、加えてそれぞれのアビリティ使用回数も最大3回(パッシブを装備しても最大4回)である点も惜しいところ



FF13 ヴァニラ


特徴
デスペルによる強化効果の解除
HP 初期BRV 最大BRV 攻撃 防御 素早
D A C D A B

初期BRVや防御も優れいているが、アタッカーとしての火力は出しづらい。現状、ヴァニラの使い道としては、相手の強化効果を解除できる「デスペル」を使用した補助役としての立ち回りがメインとなり、汎用性が高いキャラとは言えない。ただしデスペルが必要な状況であれば必須のキャラクターなので、しっかり育てておきたい。




ランクC 現状使いづらいキャラクター

FF5 バッツ


特徴
平均的な物理アタッカー
HP 初期BRV 最大BRV 攻撃 防御 素早
C C C C C B
ステータスも全体的に平均的で、デメリットになる部分も無いが、特に突出した部分も無い。アビリティは2種類。両手持ちは近距離BRV攻撃。5回使用することで威力が上がるが、必要回数が多く、使い勝手はあまりよくない。また、覚醒レベル20で取得できるミサイルは、敵のBRVを3/4にするアビリティ。5回使用すると1/2削れるようになるが、これ自体でブレイクを狙うことは出来ず、仮にBRVを半分削れるとしても、よほど敵のBRVが高い状況でもない限り、わざわざこのアビリティを使用する必要もない。今後のアビリティ追加に期待。



FF7 ユフィ

 
特徴
素早さの高いトリッキーキャラ
HP 初期BRV 最大BRV 攻撃 防御 素早
C C B D C A
アビリティが特殊で、使いどころが難しい。素早さは高いので、素材集めなどの高速周回要員として使うことはできるが、現状あえてパーティに入れるメリットはほとんどない。
ユフィのキャラクター詳細はこちら


FF13 ホープ

 (キャラクター詳細はこちら) 
特徴
プロテス/シェルによる被ダメ対策
HP 初期BRV 最大BRV 攻撃 防御 素早
C B C D C B
FFシリーズでは最も基本的な被ダメ対策となるプロテスやシェルではあるが、単体対象なことに加え、特にそれ以外では使い道が無いのが残念なところ。プロテスやシェル自体も現状必須なわけではなく、あまり出番はない。なお、通常BRV攻撃が魔法扱いであり、投てき装備ということもあり、他の魔法キャラと装備が被りづらいというメリットはある。
ホープのキャラクター詳細はこちら